スポンサーリンク

つぼみ

しるし

何度かブログに書いているけど、わたしが婚活を止めた理由の一つが、職場に気になる人ができたからだ。

その気になる人、ドーナル・グリーソン似のグリーソンさんが、気になる人になった瞬間を綴ることとしよう。

それはちょうど結婚相談所でお見合いしたセーブタと交際終了して間もなくの頃。

転職したての出来事です。

セーブタさんについてはコチラより。

結婚相談所でお見合い ハゲでデブのアラフィフ男性は許せる? セーブタさん-1

当初、グリーソンさんについては何の感情も湧かなかった。

見た目によりアラフィフぐらいと思えるグリーソンさんは、当然結婚していると思い込んでいたし、家庭を持っている男性特有の落ち着きがあった。

だからまあ、失礼な言い方ですが、問題外、アウトオブ眼中といいますが、恋愛対象の男性ではなかった。

そんなある日のこと。

会社で開催される慰労会で、たまたまグリーソンさんの隣の席になったのね。

わたしはこれでも気さくな性格なので、フツーにどんどんグリーソンさんに話かけるというわけ。

グリーソンさんも気のいい営業部のエースなので

「ころんさんは、返しが面白いな。」

などと言ってくださるわけです。

それは頻繁に言われることであって、以前想いを寄せていた乙女課長も言ってくれたもん。

「ころんさんは言ったことにたいして、パッと答えが返ってくるから、頭の回転が速いなって思う。」

とな。

そんなわけで、何を話したのかあんまり覚えていないのだが、お話はそれなりに弾んでいたかと思います。

わたしは当然、グリーソンさんが既婚者という前提でお話していたわけです。

すると、グリーソンさんは、独身だと言う。

「え?え?え?ホンマに?ホンマに?」

と、必要以上に驚いて、しつこく聞き返したわたしは本当に失礼だったと思いますよ。

だって、しつこいようだが、グリーソンさんには既婚者特有の落ち着きがあったから、絶対結婚してると思ったもん。

かつて結婚相談所で働くプロのマリッジカウンセラーで、無駄に婚活してきたわたしは、独身と既婚の区別ぐらい、見た感じで分かると自負しておる。

その場にいた周りの皆も、グリーソンさんは独身だと口をそろえて言うので、わたしとしては信じざるを得ない。

しかしわたしは、いや、このグリーソンさんの持つ落ち着きが、一回も結婚してないわけないと思ってさらに

「え?一回も?一回も?一回も結婚してないんですか?」

としつこく追い打ちをかける。

するとグリーソンさんは、しぶしぶバツイチであることを言ってくださったが、あんまり触れられたくないようでした。

でも

「女の子の子供とかいそうやろ。」

ってグリーソンさんが言うので

「いそうです。優しいお父さんって感じ。」

とわたしは返しておいた。

ナーバスな問題を、入社したばかりの派遣が、職場の宴会でズケズケ聞いて、ホンマごめんなさい。

だって、ほら、もとマリッジカウンセラーですから、そういうことをズケズケ聞くのに抵抗がないの。

職業病なの。

許しておくれよ。

これは後から周囲の人のうわさで聞いたんだけど、グリーソンさんの離婚理由が、妻が他に男を作ったみたいなんだよね。

で、元妻はもう別の人と結婚して、子供もいるみたい。

バブル姫に聞いたけど、グリーソンさん20代の頃で、職場恋愛だったみたいよ。

2年ぐらいで離婚したらしく、元嫁は可愛い人だったって言ってた。

クソッ、グリーソンさん、お前も面食いか。

わたしも面食いだけどな!

それでグリーソンさんはいまだにそのことを引きずっているという噂もある。

もう20年近くも前のこと。

そのようにバツイチとか子供いそうとかそんな話を、グリーソンさんとしていたら、ふと、海外旅行好きのりょうさんが、グリーソンさんと手をつないできた。

りょうさんはわたしより4つほど年下で、吉岡里帆似で童顔で可愛らしい人。

しかしわたしの中では、バブル姫に続き、結婚できない女と認定している。

その理由はいずれ書く。

りょうさんは中途採用の一般職だが、この職場に15年ぐらいいるので、それなりにいばっていて皆も気を使っている。

それでわたしはびっくりして、グリーソンさんとりょうさんは付き合っているのだろうか、と手をつないでいる二人をまじまじと見てしまった。

二人の年の差は12歳、一回り違うのです。

りょうさんは

「こんなん別にふつうや。」

と言って、手をつなぐのに深い意味はないという風だった。

りょうさんはわりと馴れ馴れしい人で、職場の何人かの男性と仲が良すぎて付き合ってると思われていた、というぐらい距離感の近い人なのね。

宴会で、女性同士でちゅーしたりするような人です。

りょうさんと手をつないでいるのにびっくりしたわたしを見て、グリーソンさんは、今度はわたしの手をにぎってきた。

「15年ぶりに女性の手を握ったわ…。」

とか言って…。

とーぜん、わたしは「え?!」ってなるよね。

何このおっさんって。

でもあのときでしょうか。

わたしの中で恋のつぼみが芽生えたのは…。

その後、表彰式が始まり、グリーソンは部署成績で表彰されていた。

表彰台に上がるとき、グリーソンさんは部下の年の近い女性と手をつないでいた。

その女性は当然既婚者です。

それでわたしは、この職場は気軽に男女で手をつなぐアットホームなオフィスなんだと思うことにした。

そんな職場ってあり?

そして既婚者だと思い込んでいたグリーソンさんが独身だということが分かり、わたしの中で、恋愛対象に入れてもよい男性ということになったのです。

しかしその後、わたしのグリーソンさんとの仲が進展することもなく、手をつなぐこともあれ以来一切なかった。

そういうきっかけがなかったし、もしかしたらりょうさんと付き合っているのではという疑惑もあったので、慎重になったのです。

最近やっと少しだけ仲良くなれたのは、わたしが正社員になってからかな。

仕事で関わる機会が増えたからです。

しかしコロナで飲みにも行けず、どうやったらわたしたちの仲をすすめることができるのでしょうか…。

 

続く…かも?

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

しるし
スポンサーリンク
ころんをフォローする
プチ初老ころんのコロコロ★コロンボ考察講義