スポンサーリンク

わたしのきらいなうた

音楽

※2012年10月に書いた記事の加筆修正です。

誰でも好きな歌があるように
嫌いな歌もあるかと思います。

わたしの三大嫌いな歌は…

1.「それが大事」大事MANブラザーズバンド

2.「世界に一つだけの花」SMAP

3.「イマジン」ジョン・レノン

2と3はまあ置いておいて
とにかく「それが大事」がダントツで嫌い。

それが大事って…。

ホンマにアンタに大事なものが
分りはんの~。

わたしの敬愛する哲学者デカルトは
何が大事かを見つけるために
全てのものを疑ってかかることをしたそうだよ。

あれもいらない。
これもいらない。

みたいな感じで不要なものを
一つ一つ取り除いていくことをしたんだよ。

気の遠くなるような果てしない作業。

そしてたどり着いた答えは…

我思う、ゆえに我あり!!

その意味はよう分らんが
全てのものを疑っている
自分の意識だけは疑いようもないとか
そんな意味。

大事MANブラザーズバンド君たちは
一体何を根拠にそれが大事などとおっしゃってるのかね。

だいたい「大事MANブラザーズバンド」
ていうネーミングがダサすぎる。

この世に言葉は数々あれど
よりにもよって、「大事」と「MAN」と「ブラザース」を
くっつけるかなぁ。

日本語にすると大事男兄弟?

分らん…。

歌詞はもっと分らん…。

「負けないこと・投げ出さないこと・
逃げ出さないこと・信じ抜くこと
駄目になりそうなとき、それが一番大事」

…って、

一番大事って言ってるけど
一番やないやん。

4つあるやん。

4番大事やん。

とにかくもう、
歌詞もダサイし説教臭い。

何でわたしがおまいらに歌で説教されなきゃ
ならねーんだよっ。

この曲聞くたびに見ず知らずの男に
説教されてる気分になって不愉快だわ。

だって一番大事と言っときながら
4つもあるもん。

一つだけ言わせてといいながら
4つ言うっていうことだよね。

ウザイ!
ウザイよ!

話長いよ!
みんな貧血起しかけてるよ!

負けないこと、
そんな大事っすかねぇ。

ちょい前までやってたNHKのドラマ
「吉田茂~負けて勝つ」
よかったよぉ。

あえて負けることによって
何とか戦後復興の道を探る
政治家吉田茂の決心、
素晴らしかった。

孫の麻生太郎元首相が登場したもの
麻生ファンとしては憎い演出。

戦争した日本が全て悪いバカみたいな構成は
ちょっと気になったけど
おっと思わせるセリフも満載で
政治家という選ばれた男達の
かけひきが気概がとてもよかったです。

バカヤロー!
ってね。

逃げ出さないこと。
そんな大事っすかねぇ。

わたしの好きな漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の
二代目主人公ジョセフ・ジョースターの
最後の奇策は「逃げる!」だったよ。

策士ジョセフの小賢しさとおちゃめさの
魅力輝く「逃げる!」いいよー。

そんなわけで
何でこんなダッサイ歌が売れるんだ
どいつもこいつもバカばかりかよ
なんでこんなやつに説教されないといけないんだと
当時からわたしがこの歌が大嫌いだったのである。

こんな歌、
買うやついるんかいなって思ってたら
兄が買っていた…。

しかも体育座りしながら真剣に聞いていた…。

陸上部で学年ナンバー1の長距離ランナーであった兄からしたら
負けないこと・投げ出さないこと・
逃げ出さないこと・信じ抜くこと
は一番大事だったのかもしれませんねぇ。

一番大事じゃなくて
四番大事ね。

どこか体育会系のガサツさというか
センスのなさ、単純さ漂うのも
わたしがこの曲が嫌いな理由。

だが単純で覚えやすい歌詞とメロディーだからこそ
ヒットしたのかもしれない。

で、何で今さらこんな古い歌の話をするかというとね
わたしの家の隣にすんでる夫婦が
多分50代ぐらいかなぁ。

ある晩突然大音量でこの曲がかかってきた。

多分この夫婦にとって
一番青春時代に流行っていた曲なのかと思われる。

で、歌ってる人が大事マンじゃなくて
女性ボーカルだったので
多分懐かしの80年代カバーソングとか
そんなんなのかな。

ほかにカンの愛は勝つとかも流れてたし。
わたし、この曲も嫌い。

多分最後に愛は勝たないと思うな。

そんでこの夫婦のどちらかがこの曲を聞いてるのだと思うけど
あまりに大音量で流すので
もしかしたら学生のお子様が聞いてるのかもしれない。

だって分別ある大人なら
あんな大きい音で
あんなダッサイ曲流さないでしょう。

わたしはイライラしてきた。

せっかく人がコロコロ
たそがれを楽しんでまどろんどるのに
ダッサイ曲大音量でかけやがって。
もはや騒音。雑音っすわ。

何で癒しのたそがれタイムに
こんな騒音
聞かされなきゃいけないんだよっ。

しかもエンドレスで
ずっと同じ曲ばっかりかけてるし。

そんな何回も聞くほどの曲かぁ?
一回聞いたら十分でしょ。

不愉快じゃ。
わらわは不愉快でござるぞ。

ころん姫は
家来に怒鳴り込むように申し付けた。

ってのは真っ赤なウソ。

いくらころんがキチガイ娘でも
隣人にそんなことができるわけもなく
イライラしながら見つけた解決法は…。

目には目を
歯には歯を
アンフェアにはアンフェアを
音楽には音楽を…

ってことで
こっちも大音量で
のぶちゃんのラフマニノフかけてやった。

おお~
のぶちゃんはいい。
ラフマニノフはいい。
癒される。

この繊細さ
この力強さ
この多彩さ
この崇高さ
この狂おしさ
この雄大さ
この甘美さ
この荘厳さ

だっさい音楽とも呼べない騒音は
のぶちゃんのラフマニノフの前に跪きなっ。

このラフマニノフ
ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18 第1楽章は
美しくも力強い曲なんだけど
どんどんどんどん盛り上がっていくところに
ところどころタメが入ってるのね。

じらしながら最高潮に登りつめてゆく感じ。

で、はい、最高潮まで来ました
ここで一気に爆発というところで
のぶちゃんはわりとゆっくりめに
降りていく感じなの。

最高潮の当たりって割と早く弾く
ピアニストが多いかと思うんだけど
のぶちゃんのラフマニノフは
ていねいに一音一音
噛み締めながら刻んでいく感じ。

とにもかくにものぶちゃんはいい。
ラフマニノフはいい。

今度だっさいチンケな歌謡曲賭けやがったら
クラシックでお返ししてやったらいいんだ。

いや、違う。
逆にわたしがピアノを弾いてやろう。

ジャイアンもびっくりの
このプチお嬢ころん様の
ヘタクソなピアノを
お見舞いしてくれるわっ。

てなわけで
最近妹にジャイアンと呼ばれる
プチお嬢ころんでした。

のび太のものは俺のもの。
俺のものは俺のもの。
ころんのものは
ころんのもの。

もしよろしければ
「それが大事」聞いてみよう。

口コミ読むと
本当にこんな歌で感動する人
いるんだね。

単細胞でうらやましいわ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

音楽
スポンサーリンク
ころんをフォローする
プチ初老ころんのコロコロ★コロンボ考察講義

コメント