漫画 「魔法のお菓子」 後書き

漫画
スポンサーリンク

ころんの漫画第9作
『魔法のお菓子』でした。

 

この話に関しては
原稿をコピーしたものをさらにコピーして
取り込んだので
あまり線がきれいに出てないかも。

 

わたしの絵は下手なんだけど
それでも昔描いたものを見ると
何だかんだ言っても上達してるわという
気持ちになれるのも
古い作品を載せた理由です。

 

この『魔法のお菓子』は
フツーに無難なありきたりな話だと思う。

 

わたしはリアルなほとんとの知人に
漫画を描いてることを隠していた。

 

だって見せてとか言われたら
うざいじゃん。

 

だけどどうしても
見せないといけないなら
この話にしておく。

 

そんなにクセがない
フツーな話のような気がするから。

 

ところでこの話
実は矛盾した箇所があるのに
お気づきであろうか。

 

心のきれいな人にしか見えない
魔法のお菓子なんだけど
(ベタな設定で恥ずかしいわ)
ラスト、琴子が作った魔法のお菓子が
みんなに見えてるという・・・。

 

もうネームも仕上げて
下書き段階でこの矛盾に気付いた。

 

だけどわたしは先生にみてもらってるので
先生も気がつかなかった矛盾だし
今さら直すのも面倒なんで
押し切っちゃえと思って
そのまま仕上げた。

 

ところがところが
持ち込みに行ったところ・・・。

 

やはりプロの編集が見たら
気がつくんだね。

 

フツーに
「この話、矛盾してるよね~。」
って突っ込まれたわ。

バレたっ

って思ったね。

ネーム段階だったら
設定を変えることもできたが
後の祭り。

 

ただ何社か持ち込みにまわって
この矛盾を指摘されたのは
一社だけだった。

 

まあ・・・。
漫画に矛盾はつきものです。

それほど
ある制限の中で
きちんと起承転結を作って
矛盾なくストーリーをまとめて
なおかつ伝えたいことをこめるってのは
たいへんなんですよ。

 

本当に漫画は難しい。

漫画の基本は
32ページなんだけど
その中で主人公を
成長させないといけないのね。

 

たった32ページの中に
人間が一生で気付くようなことを
無理なく矛盾なく
自然にまとめないといけない。

 

いやはや、世の漫画家さんたちは
本当に立派ですよ。

 

漫画描くのは本当にたいへんなんだよ~。

世の漫画をもっと大切にしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント