知っておくべき、結婚相談所入会時に提出する証明書類の必要性

結婚相談所の在り方
スポンサーリンク

結婚相談所で証明書類を提出する大切さ

結婚相談所に入会するとき、そこがまともな相談所なら必ずいくつかの書類提出を求められます。
これは申告した自身のプロフィールに間違いがないかを、公的な書類によって確実に証明するためです。

わたしはこの証明書類を提出した上で活動する点が、結婚相談所に入会する一番のメリットだと思ってます。
この書類を提出することにより、最低限の情報の正確さが約束されています。
いちいち相手に探りを入れなくてすむ、安心感がありますね。

合コン、パーティー、友人の紹介、趣味での出会い…。
たとえこれらのどんな出会いでも、相手が年齢や職業、婚歴を偽っていても、それを証明する方法はありません。

しかし結婚相談所なら、これらが真実かどうかは、最初から全てお国が証明してくれているのです。
自分自身を明らかにするかわりに、相手にも明らかにしてもらうことは、お互いいい加減な付き合いができないということです。
真剣で安全な出会いにつながりますね。

では、具体的に必要な書類を見てみましょう。

独身証明書

その名の通り、独身を証明する書類で、本籍地のある役所で発行できます。
わたしは結婚相談所で働くまで、こんな書類が存在することすら、知りませんでした。

結婚相談所では基本提出が必須ですが、インターネットを利用する婚活サイトでは、任意です。
婚活サイトは免許証やクレジットカードで身分証明がすめば、独身証明書を提出しなくても活動できるところがほとんどです。
これが結婚相談所とネット婚活の真剣さの違いです!

と思っていたのですが…、
ところがどっこい!

独身証明書を提出しなくても良い相談所があるんですって!
これには驚きました。

独身証明書が任意の相談所なんて、相談所ではない!とわたしは言い切ります。
だから必ず、入会時に独身証明書提出が義務つけられている相談所を選んでください。

独身証明書で証明できるのは、独身であること、年齢、住所などです。
独身証明書があなたの何を証明してくれるのか、しっかり覚えておきましょう。

収入証明書

収入証明書もたいていの結婚相談所では提出は必須です。
これも結婚相談所の良いところで、お見合い以外で知り合った相手の正確な収入って、お付き合いがすすんでも、なかなか聞けないことも多いですよね。

提出する書類で一番望ましいのは源泉徴収票です。
一年間の年収を1円たりともごまかすことができない書類です。
上質な出会いの場をうたった高額な結婚相談所は、必ず源泉徴収票の提出が求められます。

また、一か月分の給料明細で収入を証明する結婚相談所もあります。

実はここに落とし穴があります。
例えば一か月分の給料明細なら、残業の多い月、少ない月で変わってきますよね。
また、ボーナスはどうやって計算するのでしょう。

これは結婚相談所によって基準が違います。
わたしの務めていたところは、確か一か月分の給料明細に、16をかけて年収を導き出していたと記憶しています。
詳しくは忘れてしまいました。
この16という数字は、12(12か月=1年分のお給料)と、4(ボーナスをだいたい4か月分の給料と同額と考える)を足した数です。

しかしボーナスもブラックな企業ならないところもあるし、これで正確な年収が申告できるのかというのは、疑問が残るところです。

お相手の年収が気になる人は、どういう書類を提出して、どういう基準で年収を計算するのかしっかり確認しておきましょう。

収入証明は、申告した企業に勤めているという確かな証にもなります。

また、女性は男性の収入を気にしますが、男性は女性の収入を目当てにするケースは少ないと考えられ、女性の収入証明提出は義務づけられていない相談所もあります。

学歴証明

自分の学歴を証明する書類です。
卒業証書や学校の事務で発行してもらえる卒業証明書、どちらでもかまいません。
しかし学歴を証明する資料の提出基準は、相談所によって基準が違います。
わたしの務めていた相談所は、大卒以上が証明書提出必須で、高卒までは自己申告でした。

また院卒の人は、大卒と院卒、好きなほうをプロフィールに表示させることができました。
これは女性の学歴が高すぎると、男性が敬遠することがあるからです。
また院卒の人は、フルネームが分かると、ググればたいてい論文が出てきてしまいますからね。
そういうことに気をつける人もいるみたいです。

実はわたしが登録している結婚相談所は、学歴証明は任意でした。
自己申告で、提出しなくてもいいということです!
入会するとき、張り切って卒業証明書をわざわざ持っていたのに必要なかったのです!

そのとき、この相談所に入会したことを少し後悔しました。
わたしにとっては大学を卒業しているかどうかは重要でしたし、決してごまかしてほしくなかったからです。
かなりクレームつけて、明確な答えを求めたけど、収入証明で身分証明はしております、の一点張り!!
いやいやいや…、身分証明してることは分ってるので、学歴を証明してほしいんですけど!!と何度同じことを言ったことか…。

でも仕方ありません。
わたしのリサーチ不足でした…。

ただ提出しなくていいからと言って、嘘の申告をすると、経歴詐称に当たります。
誠実に真実を申告しましょう。

職業証明書

その職業として働いているという資格証明ですね。
これは医師や弁護士、会計士、税理士など、資格の必要な高額収入の職業のみ、提出する義務が発生するケースが多いようですよ。

ちなみに、医者資格、歯医者資格、弁護士資格、会計士資格、税理士資格、の5つの資格を結婚相談所では、五大資格と呼んでいます。
どの資格を生かした職業も、結婚相手として人気のお仕事ですね。

医師専門の結婚相談所もありますからね。
絶対お医者さんと結婚したい!という人は、必ずこの書類が必要かを確認しましょう。

医師専門の結婚相談所についてですが、例えば医者は無料で入会できるところもあるようです。
そして女性は高額な会費を払うというわけです。

本当に真剣なお医者さまは、医者目当ての女性を敬遠して、普通の相談所を選ぶこともあります。
わたしは職業で相手を選びすぎることは、おすすめしませんね。
少し世界が狭い気がするからです。

まとめ

以上が、結婚相談所入会時に当たって、提出が求められる代表的な4つの証明書類です。
必ずしも全ての書類提出が義務づけられているわけではなく、相談所によってその基準はまちまちです。

わたしの勤めていた相談所では、この4つの書類全てを提出する必要がありました。
またに現在登録のみしている京都府主催のきょうと婚活センターは、独身証明書のみの提出です。
さらにわたしが入会した結婚相談所では、独身証明書の提出は必須、男性のみはさらに収入証明が必須だったと記憶しています。

ところがお見合いした中で、収入証明を出した記憶がないとお話された男性がいらっしゃったのです。
男性の記憶違いか、本当に未提出なのか、確認する必要がありますね。

一般的に上質で真剣な出会いを提供する結婚相談所は、証明書類の審査基準が厳しい傾向があります。
逆に婚活というより恋活、カジュアルな出会いをうたった結婚相談所は、証明書類の提出が任意というところも多いようです。

これは相談所の必要金額にも比例しており、高額な相談所ほど入会に当たって審査基準が厳しく、安価な相談所は審査もゆるくなります。

まずは自分がどういう人と出会いたいのか、そしてその人を信頼するために必要な証明は何なのか、しっかりと把握しておきましょう。

ご自身にとって、外せない条件を明らかにする証明書提出が義務づけられている結婚相談所を選ぶことです。

コメント