婚相談所で希望外の男性を紹介されるってアリ!?ころん怒りのクレーム

お見合いレポ
スポンサーリンク

結婚相談所に入会し
一年近くが経とうとしていた頃のこと。

 

何だか訳の分からないメールが
相談所から届いた。
以下である。

 

………………………………………………

〜お見合い時のお相手紹介基準の変更について〜

ご紹介の基準を少しばかり変更します。

より多くの出会いのチャンスを広げる為、ご条件の絞り込みを緩やかにすることにより、
更なる多くの可能性を広げることになりました。

他相談所からの依頼については、その相談所のスタッフの推薦により、直接ご紹介が送れるようにシステムが変更となります。

一度ご紹介書をご確認いただき、お断りの際は、躊躇なく「お見合いしない」とご返答ください。

可能性を広げることで、小さな出会いが増えてまいります。
小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります。
わたくしどもが伝えたい本当の「ご縁結び」とは、ご条件だけではみえてこない人と人との結びつきです。

新ルールを最大限に活用し、皆様のご縁結びにスタッフ一同なお一層の努力をする所存です。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

………………………………………………

要約すると
今後は希望以外の
男性を紹介します。

 

(だって全く女性と
出会えない男性がいるからね。)

 

希望外なんだから
気に入らなかったら
断ってもいいんだよ。

 

ってことだと思う。

 

それまでも
多少希望に合わない
男性は紹介されていた。

 

例えばころんは
49歳までの男性を
希望してるのに
51歳の男性を紹介されるとか。

 

でもそのぐらいいいや、と思って
放置していた。

 

それがさらに
希望に合わない男性が
紹介されるってこと?

 

腑に落ちなかったが
まあ、いいやと思って
そのまま放置して
すっかりこのことは
忘れてしまった。

 

それから二カ月ぐらい
経った頃のこと。

 

ある男性の紹介書が
届いた。

 

写真はなかなか素敵だった。

 

すらっと背が高く
よく言えば
田辺誠一とか
要潤のような
切れ長の瞳のモデル系男子。

 

あくまでよく言えばですよ。

 

なのでこの人を
田辺誠一さんと名付けよう。

 

わたしの割と好きなタイプ。
仲人からの一言にも
「ハンサムな人です」
って紹介されていた。

 

わーい、
申込みしようと思って
プロフを確認したところ
職業が
タクシーの運転手だった。

 

???

 

あれ?
何でそんな職業の人が
紹介されるの?
と思って
さらに詳しくプロフィールの確認。

 

高卒だった。

そら
フツー大卒で
タクの運ちゃんなんて
職業に選ばないわな。

 

さらによく見ると
10歳も年上。

 

しかもバツイチ!
子持ち!

 

年収は覚えてなくて
多分安かったと思う。

 

400万円ぐらいは
あったのかな…。

 

こういっちゃ
悪いけどね
これは結婚相談所で
最底辺の男ですよ。

 

底辺どころか
わたしが務めていた相談所で
わたしが担当したなら
間違いなく入会を断ります。

 

それは紹介できる女性が
いないからだし
恐らく紹介人数が
入会基準に満たないと思う。

 

見た目がいいし
タクシーの運転手なら
接客業なので
それなりのコミュ力があれば
パーティーでお相手を
探すことはできるかもしれない。

 

しかし仮に
パーティーで出会っても
わたしは学歴と職業で断る。

 

高卒でも
名の知れた企業に
勤めていたなら我慢する。

 

タクシーの運転手でも
大卒で年収がよければ
我慢する。

 

しかしこの誠一さんには
ころんにとって
譲れるポイントが一つもない!

 

ゼロ!

 

強いて言えば
見た目が多少マシだが
人間見た目じゃないしね!

 

この見た目じゃないしね!は
そのまま
学歴じゃないしね!や
お金じゃないしね!としても
使える。

 

しかし結婚相談所で
出会う以上
ころんにとって
こだわりのポイントは
学歴とお金(職業)じゃ!!

 

その二つのどちらかが
良ければ
他は目をつぶろうと思ってるのに
どちらも悪いではないか!

 

とあまりに腹が立ったので
結婚相談所に
以下のようにメールを送る。

………………………………………………

誠一さんという方の紹介書が届きましたが、あまりに私の希望とかけ離れています。
私は大卒の方を希望していますし、高卒で10歳も年上で、婚歴があってこぶつきでしかもタクシーの運転手なんて!

こういう条件の方が私と釣り合うという判断をされているということですよね。
こういう方だったら、無料の出会い系サイトで十分出会えます。
私は自分の希望にあった方と出会いたいから、お金を払ってるんです。
あまりに失礼、本末転倒ではないでしょうか。
結婚相談所を利用する意味が見出せません。

………………………………………………

わたしはこのメール文に
つけ忘れた一文がある。

こんな男を紹介するなら
紹介料返せ!って
書いてやればよかった。

 

例えばこの男でも
リアルの出会いなら我慢する。

 

だけど相談所なら
こっちがお金もらって
会ってやるぐらいのレベルやで。

 

翌日結婚相談所から
返事が届いた。

………………………………………………

誠一さんのご紹介ですが、ご気分を害されたとの事申し訳ありません。

以前本社より送られましたメールに
「登録相談所からは従来通りご条件に沿った方をご紹介させて頂きますが、
他相談所からの依頼に関しては、その相談所のスタッフにより直接送れるようにシステムが変更となりました。
中にはご条件外の方もいらっしゃることもあります。一度ご紹介シートをご覧になった上で、お断りの際は
躊躇なく「お見合いしない」とご返答下さい。」

とご案内いたしました。

今回の誠一さんは先方相談所からのご紹介となっております。

ころん様は以前相談所でご勤務のご経験がおありなだけあって、ご条件をご年齢は49歳まで、再婚可・子供可にして頂いております。

確かに高卒はご条件外ですが、ご入会時にお伝えさせて頂きましたご条件7割くらいあった方のご紹介という事でいうとご紹介対象になります。

学歴がどうしてもであれば、絶対条件をお1つだけ伺えますので大卒を絶対条件にさせて頂きましょうか?

………………………………………………

このメールを読んで
ころんの怒り
さらに爆発。

 

お前
寝言は寝てから言えや!

 

とは思ってても
ころんの品性を疑われるので
言えませんが…。

 

というより
寝言は寝てから言えや!
なみの返信を送ってやった。

 

ころんの怒りが
ネチネチと綴られているメール
100回読んでから
顔洗って出直してこい!!

………………………………………………

私は結婚相談所勤務経験があるから、条件を「年齢は49歳まで、再婚可・子供可」にしているわけではないんですね。

確かに相談所勤務時代に、素敵だなと思う男性は婚歴があって子供もいらっしゃる方が多かったので、そこは「可」にしています。

私としては、絶対譲れない条件だけに絞って、あとは緩めに設定して出会いの幅を広げるという選択をしています。

つまり、もともと緩めに設定しているところに、条件の合わない男性を紹介されると、分かりやすいようにひどい言い方をしますが、「誰にも相手にされない底辺の男性」を紹介される結果になってしまうということです。

緩めの条件に、条件外の男性をぶちこまれるなら、最初に緩めに設定する意味がないですよね?
だったら最初に厳しめの設定をして、少し条件の外れた男性を紹介されてちょうどいいって話になりますよね。

誠一さんが私の求める条件7割もあっている方ですって?

 

ご冗談を!!
私がそんな男性を望んでいると本気でおっしゃっているんですか!!

 

本気でそう思ってるなら、結婚相談員という仕事が向いてないので辞めたほうが賢明です。
私にその男性を紹介しようと思った、大阪の相談員を呼び出して、小一時間ほど問い詰めて、さらに小一時間ほど説教したい気持ちでいっぱいです。

そもそも私のお相手にたいする希望を見て、あ、この女性、希望がゆるい、なんでだろう?大卒希望、そこだけが厳しい。
これがこの女性の男性に求めるこだわりポイントかって、じゃ、高卒は紹介できないな、ってまともな相談員なら分かりますよね!?
そこが分からないのが問題だって言ってるんですね。

もちろん高卒の男性を紹介していただいてけっこうです。
但し、40代までで、年収一千万以上で、ルックスが向井理に限る!!
それから私はプルシェンコというフィギュアスケーターが好きなのですが、彼はおそらく中卒です。いや、小卒かも…。
金髪で年収が数億なら中卒でも、日本人でなくてもかまいません。
そういうことです。

結局条件外の紹介は、誠一さんのように本来なら紹介相手が出ないような方を入会させるための救済策であり、相談所のお金儲けのためのシステム改悪としか思えません。何より望まれてもいないのに紹介をすることは、誠一さんにたいしても失礼ではないでしょうか。

あるいは紹介の際に、ちょっと条件が あいませんが、それをありあまる素敵な方なので紹介しますと一言添えて、別枠での紹介ならまだ納得もいきますわ。

システム上、手間がかかるので不可能なのかもしれませんが、虫もつかないような男性を入会させたんだから、そのぐらい誠意をもって手間暇かけて面倒をみてあげるのが、入会させた相談員の責任ですよね。

………………………………………………

そしたら相談所から届いた返事は

「誠一さんへのお断りのお返事、確認いたしました。」

の一言ですませやがった!!

 

腹たつわー。

 

だってころん、
このメールで
いくつか質問して
要望も出してるんやで。

 

その質問と要望に
一切答えてない!!

 

このメールの
質問と要望をまとめてみた。

1. 出会いを広げるためわざと希望をゆるくしてるが、きつくした方がいいのか?
2. わたしが本当に70%の希望で誠一さんを希望していると思ってるのか?
3. 結婚相談員が向いてないのでやめた方がいいのではないか?
4. 大阪の相談員にこの男性を紹介した理由を説明をしてほしい
5. 相談所のお金儲けのためにシステムを一方的に変えたのではないか?
6. 望まない紹介をするのは誠一さんにたいしても失礼ではないのか?
7. 相談所に誠意を感じられない

 

七つも質問要望出してるのに
一切ムッシング!!

 

おまいら
仕事ナメ過ぎ!

結婚相談所ナメ過ぎ。

 

あのなー
結婚相談所や
お見合い時に事前に交換する
互いのプロフィールが
書かれた紹介書を
「釣り書」と呼ぶ。

 

釣り合う相手を紹介するから
「釣り書」て呼ぶんやで~。

 

釣り合う人を
紹介できないなら
結婚相談所なんて
辞めちまえ!!

 

この会員費泥棒乞食が!

 

今となっては
この仲人と
わたしに誠一さんを
紹介した
大阪の仲人を呼び出して
本当に説教かましてやればよかった。

 

この七点に答えてくださいって
質問状を送ってやればよかった。

 

そしたら
このブログのネタにできるやん。

 

しかし当時のころんは
さすがにそこまではしなかった。

 

その代わりに
この相談所ももう
見切りのつけどきやで、と思って
辞めることにしたのであーる。

 

この相談所を辞めた理由は
いくつかあるが
そのうちの一つということです。

 

他の理由については
おいおい書いていきます。

 

たった一人の男性を
紹介されただけで
4000文字以上
ネチネチ怒りを綴れるって
ころんって
本当に執念深い性格だわさ。

 

※このコンテンツはフィクションです。
登場する人物、団体は実在のものとは一切関係ありません。

コメント