発達障害、発達障害疑惑のあるの著名人、成功者たち

未分類
スポンサーリンク

発達障害があると聞けば、障害があって一般の人より劣ったように感じるかもしれません。
しかし発達障害があっても、成功して偉大な功績を残す人たちは、実にたくさんいるのです。

これにはいろんな説がありますが、脳のある部分が障害により劣ってしまうことで、他の機能がそれを補おうと発達し、天才が生まれるとも言われています。
そこで今回は、誰もがうらやむ成功をつかんだ発達障害だと言われている著名人を紹介します。

ほぼ間違いなく発達障害の著名人

アルベルト・アインシュタイン

20世紀最大の天才と言われたアインシュタインは、相対性理論を生みだし、わたしたちの生活に大きな変革をもたらしました。
簡単に言うと原爆を作った人です。しかしそれが日本に投下されたことを非常に悔んでいたと言われています。
アインシュタインは5歳ぐらいまで言葉がほとんど出ず、字も汚く国語の成績はとても悪かったそうです。
しかし数学だけは小学生の頃から天才的に優秀だったため、国語ができないのは、怠けたりさぼっているからだと思われてしまいました。
今にして思えば、国語ができないのは、学習障害やアスペルガーによるものだったのですね。

トム・クルーズ

スパイ映画の金字塔「ミッション・インポッシブル」で激しいアクションと甘いマスクで世界中を虜にした俳優トム・クルーズ。
彼はディスレクシア(難読症や失読症、識字障害と訳される)学習障害をカミングアウトしています。
文字の読み書きが上手くできない障害です。
子供の頃から字を上手く読むことができず、今も台本は人に読んでもらったり、録音して耳で聞いて覚えるそうです。
難読症のためいじめにもあったそうですが、スポーツが得意だったため、集中力を鍛え、アクション俳優として大成功したのは知られた通りです。
また同じくハリウッド俳優のキアヌ・リーブスやオーランド・プルーム、映画監督のスティーヴン・スピルバーグもディスレクシアを公表しています。

長嶋茂雄

ミスタージャイアンツと呼ばれた長嶋茂雄は、類まれなる野球センスとそのユニークなキャラクターで、わたしたちの父親世代の心をわしづかみにしました。
野球界で最も愛されたスーパーヒーローです。
しかし彼のエピソードには、注意欠陥障害(ADD:Attension Deficit Disorder)を思わせるものがいくつもあります。
ADDは注意力が散漫で、忘れ物をしたり人の名前が覚えられない障害です。
せっかくホームランを打ったのに、一塁ベースを踏み忘れて、アウトになったエピソード。
一塁に出塁しているときに、夢中で走って二塁走者を追い越してしまったエピソード。
そして最大の長嶋伝説は、幼い頃の息子の一茂を後楽園に忘れて帰ったエピソードではないでしょうか。
長嶋茂雄だから、大物感あふれるほのぼのとした笑い話となっています。
ですが、有名スターが子供を置き忘れて帰るなんて危険極まりなく、障害者のしでかしたこととしか考えられないですよね!

黒柳徹子

マルチな才能でテレビ界で活躍し続ける黒柳徹子。
自身の半生を描いたその著書「窓際のトットちゃん」を読むと、彼女の発達障害は明らかです。
まず、あまりの落ち着きのなさで問題児となり、小学校を1年で退学になるんですよ。
義務教育を退学にされるって…。そもそも義務教育は退学にできるのですか?
今だったら人権問題になりかねません。

トーク番組「徹子の部屋」で、ゲストの話を聞かず一方的にしゃべり続ける姿はADHDっぽいです。たまねぎヘアーにこだわる様子は、アスペルガー症候群っぽいです。
今でも発達障害をうかがわせる片りんは、垣間見えてますね。

発達障害があっても、周りのサポート次第でこんなにものびのびと生きられるんだという本。
ぜひ、発達障害の人にも、そして発達障害を理解したい人にも読んでほしいです。

発達障害疑惑のある著名人

イチロー

クールな性格と抜群の運動センスでメジャーリーグで活躍するイチローは日本の誇りですね。
ブラッド・ピット似の甘いマスクにも恵まれ、年上のアナウンサーを妻に選ぶなど、全てにおいてソツがありません。
わたしからしたらソツがなさすぎてイヤミな天才肌という感想です。

イチローは必ず毎日同じルーチンワークでトレーニングを欠かさないそうです。
まさに努力に勝る天才なし!と思ってしまいそうです。
が、実は自閉スペクトラム症の人は、こだわりが強いため、毎日同じことをするのが苦ではなく、逆に落ち着くという性質があるのです。
クールな性格も、本当は対人関係を築くのが苦手なのかもともとれるし…。
こうなってくると、もはや自閉スペクトラム症は障害ではなく、特技ですね!美徳ですわ。

松本伊代

キュートな容姿で正統派アイドルとして大人気だった松本伊代。
ご主人様のヒロミさんは、もともとは松本伊代さんのファンだったのだとか。
見事憧れの女性を手に入れたわけですね。
うらやましい限り。
そんな松本伊代の発達障害疑惑ですが…。

わたしは前回の記事で、外国人と結婚した知人女性の子供が二人とも発達障害だと書きました。
その二人の発達障害の子供を持つ母親が、松本伊代は発達障害に違いない、自分の息子とそっくりの行動をすると言ったのですから、まず間違いないでしょう。

非常に忘れっぽかったり、家電の説明書を理解できなかったり、物が片づけられなかったりするそうです。
おそらく注意欠陥障害(ADD:Attension Deficit Disorder)ですね。
発達障害でも、容姿がかわいければ、どうとでも生きていけるというお手本みたいな人生ですね。

まとめ

今回紹介した著名人以外にも、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ベートーヴェン、モーツアルト、ビル・ゲイツ、ゴッホ、ピカソ、エジソン、織田信長、坂本龍馬などが発達障害だったのでは、と言われています。
こうなってくると、もはや、発達障害者が世界や歴史や芸術を動かしてきたとも思える、そうそうたるメンバーですね。

発達障害は、脳機能がかたよっているとされる障害です。
しかし、脳がかたよっているということは、普通の人と違った角度から物事にアプローチできる才能ということかもしれません。

現に画家のパブロ・ピカソは、モノを瞬時に複数の視点からとらえることができたとも言われています。
確か養老孟先生の本にそう書いてあったような気がする、ウロ覚えですみません…。
だから、ピカソにしか描けない不思議な立体感の絵を描くことができたのですね。

障害というと暗いイメージですが、逆に障害も個性、特性、才能、美徳と成りえることがあるのです。
自分の特性を正しく理解し、苦手を補って特技を生かし、周りのサポートと理解を得る。
障害があってもなくても、誰でもそういう生き方ができるのが望ましいでしょう。

生まれつきの障害は、自分で選んだ人生ではなく、神様が与えた人生です。
人は与えられた人生を、真摯に生きるしか道はないのですから。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


婚活ランキング

コメント