スポンサーリンク

ホットヨガLAVAで遭遇する迷惑会員の対応はスタッフにしてもらうべき?刺青女を出禁にしろ!

クレーマーころん

ホットヨガLAVAのコールセンターの対応が悪かったため、電話代返せ!と苦情を言ったプチ初老ころん。

この記事の続きです。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)に苦情を言うと商品券をもらえる?コールセンターの対応が悪すぎる!電話代返せ!!

★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★

わたしはコールセンターの対応に不満があったのに、結局、メイン店舗の店長がわたしの苦情対応をしてくれました。

このとき、実はわたしはもう一つ、この店長に苦情を伝えています。

それは大きな刺青を入れた女性客への苦情です。

LAVAのHPは以下のように記載があります。

過度な刺青・タトゥーをされている方は原則ご利用・ご入会をお断りしております。
レッスン中および、更衣室、パウダールーム、シャワールームなどの共有の場において、衣類等で隠していただくなど、他のお客様へご配慮いただける場合に限り、ご利用いただいております。
※ご不明な点がございましたら、店舗スタッフまで直接ご相談ください。

なのに、大きな刺青をした女性が、いつもロッカールームをウロウロしてるんです!

そこでわたしはこの刺青女への苦情を、店長に伝えたわけです。

スポンサーリンク

刺青女を出禁にしろ!

刺青女との出会い

わたしは仕事帰りにLAVAに行くときは、時間があまってしまうので早めに着きます。

ですからたいてい一番乗りになるわけです。

で、いつもレッスン室の前に用意された椅子に、水やラグを置いて、場所をキープしてから着替えていたわけです。

すると二番目に来た女性客がそれに気がついて、

「並び場所をキープするのは、着替えてからですよ。」

と注意を受けました。

ころん
ころん

そうですか~。

とわたしは答えて、後は無視しました。

わたしは着替えてから、場所をキープしなければならないなんて、知らなかったし、入会時にそんな説明も受けてません。

今にして思えばそう言ってやればよかった。

で、知らんぷりして、着替えてからキープしていた椅子に行くと、その女性客に

「(着替えてから荷物を置くルールなのに、着替えてないときに置いたのだから)荷物どけてくださいよ!」

と再度注意されました。

しかしですね…。

現在そこには、わたしのその女性客しかいないわけです。

わたしが荷物どけたところで、一番乗りが二番乗りになるだけで、その女性客は二番乗りが一番乗りになるだけですよ?

いいやん!そのぐらい!

神経質な客だな。

「そんなこと聞いてません!

スタッフから説明してもらったなら、そのようにします!」

って今にして思えば、言ってやればよかった。

スタッフ呼びつけて、わたしはそんなこと初めて聞いた、説明してないLAVA側が悪い!ってごててやればよかった。

ですがそのときはもう面倒なので、長椅子の一番端に置いていた荷物を、一人分ずらして、ちょっと呆れたように

ころん
ころん

これでいいんですかね~。

と言うと、その女性客は納得したようです。

細けぇ、客だぜ、って思ったのですが、わたしもLAVAにそのように思われてるんでしょうね。

そしてレッスンが終わったあと、わたしは見てしまったのです。

わたしに注意した女性客の体に、大きな大きな刺青が入っているのを!!

LAVAは、刺青・タトゥーを入れている人は利用禁止というルールがあります。

ルール違反、マナー違反はお前やんけ!

お前がルール違反をした客を注意する権利ある?

ころん
ころん

お前が言うな!

まさに「おまゆう」です。

このときのわたしの気持ちときたら、自分のことを棚にあげて因縁つけてきたこの刺青女への怒りと、こんな大きな刺青を入れている女がまともな人間のはずはない。

やくざの女か風俗嬢だで。

だから争わなくてよかったという安堵です。

しかし…、ですよ。

ひとつわたしは良いたくらみが浮かびました。

何度も言いますが、LAVAは刺青を入れている人は利用禁止です。

ころん
ころん

この刺青女、退会処分にできるんじゃね?

実は以前から、何だか大きな刺青を入れている女性がいるなって、気になってたんです。

ちなみにその刺青女のレッスン着は、刺青が隠れるようなそでのあるシャツです。

シャワー後に、刺青丸見えの下着姿で、ウロウロして異様に長い髪を時間をかけて乾かしてるんですね。

その刺青女のルックスは、とても痩せていて色白、というか不健康に青白い肌で、まあきれいな人です。

年齢は30代後半か、40代かもしれません。

神経質な性格が表情に出ています。

LAVAのアンケートで刺青女の苦情を伝える

 

LAVAでは、レッスン後にアンケートが配信されるので、そこに意見を乗せることができます。

そこでわたしはその刺青女の苦情を書きました。

「髪が長くて細くて大きな刺青を入れた女性が、威嚇するようにロッカーをウロウロして怖いので、何とかしてください。LAVAは刺青禁止ですよね。」

とな。

その刺青女に遭遇するたびに、アンケートに書きました。

刺青女は恐らくフリーフルという通い放題のコースです。

わたしなんて月4回しか行ってないのに、かなりの高確率で遭遇するんです。

だけどいつまでたってもいつまでたっても、その刺青女は、刺青丸出しの薄い下着姿でロッカーをウロウロウロウロしているのです。

一体何でこんなにロッカーをウロウロしているのだろうと、わたしはこっそり鏡越しに観察してやりました。

すると携帯を取り出して何かしています。

ロッカーは携帯電話禁止です。

怖い!

ロッカー室を盗み撮りして、その写真を売る人がいるそうです。

あんな大きな刺青を入れているんだもの、まともな職業なわけがない。

わたしのセクシー着替え写真が撮影されて、売られてネットに流されちゃう!!

アンケートにもそう書きました。

しかし改善されません。

あるときその刺青女がウロウロしている理由は、レッスン後に体重を計っているからだと判明しました。

それを撮影してるのか、体重などをアプリに記録しているのかで、スマホが必要なようです。

まあ、こちらに害はないですが、それでもロッカーではスマホ禁止ですからね。

ルール違反です。

ころん
ころん

ルール違反が多すぎやしませんか?

しかもその刺青女、とても痩せているんですよ。

そんな痩せている人が、レッスン後に毎回必死で体重を計ってるなんて、きっと拒食症のメンヘラ女でしょう。

仕事も風俗嬢決定だな。

あくまでわたしの妄想です。

刺青女の苦情をスタッフに伝える

どんなにアンケートに書いても、刺青女は刺青を丸出しにしたまま、ロッカーをウロウロしています。

どうもわたしの苦情は、刺青女に伝わっていないようです。

そんなある日のことです。

またレッスン日に刺青女に遭遇して、わたしが先に帰ろうとしたときのことです。

わたしは受付で、確か買い物をしていたのか、イントラさんにレジを打ってもらってました。

前回わたしに電話をくれた、目のくりっとした若いイントラくりこさんです。

するとわたしと話しているのに、刺青女が割り込んで、くりこイントラに話しかけたのです。

今日のレッスンは満員の人数だったのかとかそんな話。

普通、他の客とイントラが話してるのに、割り込んでくる??

わたしだったら、会話が終わるまで待つか、急いでたら

「お話中すみませんが、」て一言謝ってから話しかけるわ!

で、その刺青女とイントラが話してる間、わたし、レジ待たされたんだよ。

電車一本、帰るの遅れるやん。

「ちょっとこちら先にしてもらえませんか?

わたし、待ってるんで!」

って言ってやればよかったのですが、刺青女が怖くて言えませんでした…、

というわけではなく、わたしには一つたくらみがあったのです。

その刺青女が帰っていった後、わたしはくりこイントラに言いました。

ころん
ころん

あの人、大きな刺青入れてますよね…。

LAVAは刺青禁止ですよね。

アンケートに書いてもらちがあかないので、とうとう直接スタッフに伝えてやったのです。

しかしくりこイントラの答えは

「レッスン中は隠していただいています。」

でした。

ころん
ころん

え…?

でもロッカーでは丸出しでウロウロされてますよ。

というと、くりこイントラは、ロッカーでは問題ないとのことです。

そんなはずはない。

確か、LAVAのHPには、ロッカーも刺青は禁止だと記載されていたはず…、と再度くりこイントラに確認すると

店舗によってルールが違うのですって。

それからくりこイントラは

「でもあの人、とてもいい人なんですよ。」

というので、わたしはイラっとしました。

ころん
ころん

バカか?こいつ…。

て思いましたね。

まあ、バカなんでしょうね。

ホットヨガやりすぎて、頭がやられちゃったのかも…。

今にして思えばこう言ってやればよかった。

例え刺青女が世界一いい人でも、わたしはルールを守ってくれる世界一悪い人の方がマシです、とな。

そして会話している途中に割り込んでくる人が、いい人なわけもないし、常識なさすぎるやろ!とな。

でも言えませんでした。

そして家に帰った後、LAVAのHPを確認して、

過度な刺青・タトゥーをされている方は原則ご利用・ご入会をお断りしております。
レッスン中および、更衣室、パウダールーム、シャワールームなどの共有の場において、衣類等で隠していただくなど、他のお客様へご配慮いただける場合に限り、ご利用いただいております。
※ご不明な点がございましたら、店舗スタッフまで直接ご相談ください。

という文面を見つけました。

で、アンケートにもそのように書きました。

ちゃんとHPに更衣室も刺青禁止と記載されているのに、イントラの説明と違いますよ、とね。

しかし事態は改善されず、刺青女は相変わらず、刺青丸出しの下着姿でウロウロウロウロし続けていたのです。

刺青女への苦情を店長に伝える

そんなある日のことです。

レッスンスケジュールが、予定の日に公開されないというトラブルが起りました。

前回のこの記事ですね。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)に苦情を言うと商品券をもらえる?コールセンターの対応が悪すぎる!電話代返せ!!

そのトラブルの説明のため、店長から電話をもらえることになっていました。

そのとき、わたしはふと思ったのです。

あの刺青女の件を、その店長に伝えてみればどうだろうと。

で、店長から電話を受けたときに、刺青女への苦情を伝えました。

くりこイントラにも伝えたし、アンケートにも書いたのに、一向に改善されないとクレームをつけました。

わたしがくりこイントラに刺青女の苦情を伝えたとき

「でもあの人いい人なんですよ。」

と言ってごまかされたことを言うと、さすがにこの店長も、あきれてるみたいでしたね。

ころん
ころん

HPにも刺青は利用禁止って記載されてるんだから、退会処分ですよね!

と店長に言うと、刺青が見えないように配慮してくれるなら、退会にはできないそうです。

そこでわたしは、刺青女が刺青を隠すように指導してほしいと伝えると、そうするというお返事でした。

刺青女の刺青はどうなったのか

その電話から、2~3日後だったでしょうか。

さんざんクレームつけたから、行きにくいなぁと思いつつ、どのツラを下げていったのか、わたしはレッスンを受講しました。

で、2000円の商品券をもらいました。

その日は確か土日の昼間で、わたしがめったに行くことのない時間帯でした。

するとなんと!

あの刺青女に遭遇したのです。

あいつ、夜しか来ないと思ってたのに、土日の昼間も来るんだ…。

風俗嬢かと思ってたけど、案外普通のOLさんだったりして…。

そしてレッスン後のことです。

その刺青女、刺青をちゃんと隠してました!

わたしの電話の後、LAVAはすぐに対応してくださったってことですね。

まあわたしの本願としては、刺青女の退会処分でしたが、残念ながらそこまでの力はありませんでした。

でも、わたしに因縁をつけてきた刺青女に一矢報いることができたことにしましょう。

皆も、下手に利用客にいちゃもんつけると、どんな方法で仕返しされるか分からないから気をつけてね!

恨まれないためには、直接注意をするのではなく、スタッフに注意してもらうといいですよ。

スポンサーリンク

迷惑会員への対応はスタッフにまかせること

LAVAで迷惑行為を働く会員を見つけると、わたしはすぐにスタッフに頼んで注意してもらいます。

今までわたしがスタッフに頼んで注意してもらったケースを紹介します。

バッグを持ち込む会員

LAVAのレッスン室は、基本的にタオルと水とバームとヨギッシュ(消毒用のスプレー)しか持ち込んではいけません。

これは恐らくスタジオがぎゅうぎゅう詰めなので、余計な荷物があると、ますます狭くなるからでしょうね。

わたしも何度か誰かが誰かのペットボトルを蹴ったりして倒す音を聞いています。

ある日のレッスン、わたしの近くに小さいんですけどバッグを持ち込んでいる人がいました。

これ、わたしにとって邪魔になるぐらいの距離だな、と思ったので、スタッフに伝えに行きました。

すぐさま注意してくれて、その人はバッグを片づけて、タオルやら水やらだけを持ち込んだのですが…。

何か荷物多いんですよね。

タオルを二枚持ってたのかな。

バッグに入れていた方が逆に整頓されて、レッスン室、広く使えたかも…、て思いました!

マットが長い、マットの置き場所を守らない会員

LAVAには規定のマットサイズがあります。

このマットサイズより大きいものを持ち込む場合、部分的に折るなどして、規定のサイズを守れなければなりません。

これも会員を詰め込み過ぎて、スペースが狭すぎるからですよね。

わたしの近くに長すぎるマットをひいている会員や、マットを置く位置を守らない会員がいると、スタッフに頼んで注意してもらいます。

でないと思いっきり体をのばしてポーズ取るのに邪魔ですからね。

携帯電話を使うおばさん

あるとき、シャワーを終えてロッカー室に戻ると、座り込んで堂々と携帯をいじってるおばさんが…。

わたしは思わず

「ロッカー室は、携帯禁止ですよね!」

と注意してしまいました。

するとそのおばさん、

「いえ、撮影が禁止なだけで、スマホを見るぐらいはいいはずですよ。」

と言うので、すぐさまスタッフを呼びに行きました。

するとスタッフが注意しれくれてそのおばさんはわたしに

「ごめんね。」

と謝ってくれたのですが、いやみっぽくてムカついたので

「いいえ、分かっていただけたら、それでいいんですよ~。」

っていやみっぽく言ってやりました。

すると立ち去ろうとしていたおばさんが、ムカついたのか、わざわざ振り返って戻ってきて

「分かっていただけましたよ。」

と捨てゼリフを言いました。

まあでも、負け犬の遠吠えといいますか…。

注意された以上、わたしの言い分が正しいと証明されたので、わたしの勝ちでしたからね。

最近またそのおばさんがロッカー室で携帯いじってるのを見てしまいましたが、懲りないおばさんですね。

ロッカー室でおしゃべりする会員

現在LAVAでは、コロナ対策として、ロッカー室での私語が禁止されています。

でも昼間行くと、たいてい常連さんが大きな声でおしゃべりしてるんですね。

飛沫が飛ぶのに耐えられないわたしは、スタッフに頼んですぐに注意してもらいます。

するとあるときその常連おしゃべりさんが注意された後、

「初めて注意された…。」

と声を落として、こそこそ喋っているのが聞こえました。

それはわたしがチクったからですよ~。

このように、基本スタッフはこちらが頼まないと迷惑会員への注意をしてくれません。

そんなある日のこと、またしても大きな声でおしゃべりしている一団がいたので、スタッフに頼んで注意してもらいました。

「ごめんなさい、ついおしゃべりが楽しくて~。」

と言い訳する会員。

のんきなものです。

この後の地獄も知らずに…。

で、レッスンを終えて着替えてたら、またまたさきほど注意された会員が3人ぐらいで大声でしゃべってるんです。

耐えられなくなったわたしは、もうスタッフに言いつけに行くのも面倒で、そいつらの間に割り込んで直接注意してやりました。

ころん
ころん

今ロッカールームはおしゃべり禁止ですよね!

シーンとなる常連たちですが、一人マスクもせずに黙って苦笑いしている女性がいました。

このヘラヘラした女がムカついたのでわたしは

「マスクもせんと…!。

大人なんだからマナーは守ってくださいね!」

と言ってやって、立ち去りました。

そのニヤニヤ女は、まだほかの常連に愚痴か何か言いたげでしたが、さすがに注意の後では、相手にされなかったのでしょう。

その後はおしゃべりはやみました。

で、そのおしゃべりしていた会員の一人が、ロッカーから出るときにわたしにむかって

「すいませんでした~。」と謝っていかれましたね。

スタッフだとどうしても、マナーを守ってくれるように注意するのではなく、お願いという形で優しくやんわりとした態度になりがち。

たまには同じ立場の客からキレ気味で注意を受ける方が、効果的なのかもしれません。

スポンサーリンク

「LAVA」「クレーム」の検索でヒットするこのブログ

さて、このようにキチガイクレーマーのプチ初老ころんですが、実は…。

「LAVA」「クレーム」などでネット検索をかけると、このブログが一番か二番目ぐらいに上がってくるんです!

もうLAVAの中の人は、このブログを書いている人物がわたしだって気がついてるんじゃないの?と時々不安になることがあります。

あの文句ばっかり言う迷惑な会員、やっぱり独身で結婚もできず、婚活ブログなんて書いてるよ、プププププ…、て影で笑われてるかもしれませんね。

恥ずかし~。

まあ、生き恥をさらして書いてるのがこのブログですから。

それでアクセス数が上がって収入が増えれば、一向にかまいませんけどね!

だけどあの刺青女にこのブログが見つかっちゃうと、

「アイツか~!」

と、わたしが告げ口したことがばれて、刺されちゃったりして…。

なんせ刺青は日本では昔から罪人や道を外れたアウトサイダーが彫るものと決まってますからね!

恐ろしや~。

そんなわけで、身バレに怯えながら顔出しまでして、命がけでブログを書いているころんを応援してね!

またLAVAで何かトラブルがあったら、こちらで報告いたします。

ここまで文句を言うのにわたしが通い続ける理由を知りたければ、一度LAVAに行ってみよう!

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング