ホットヨガLAVA(ラバ)に苦情を言いながらも、わたしが通い続ける4つの理由 オフィスでもできるヨガポーズ紹介

ヨガ
スポンサーリンク

かつてホットヨガスタジオLAVAに、ものすごいクレームをつけて、ブラックリストに載ったかもしれないプチ初老ころん。

詳しくはこちらの記事で

ホットヨガLAVA クレームを言うとブラックリストにのる? レッスンの効果は?

あれからまた、大きなクレームをつけてしまいました…。
なのに、今も時々苦情を言いながらも、今も細々と通ってま~す。

なぜ文句をつけまくりながらも、わたしがLAVAに通い続けるのか?

今回は、わたしが最終的に選んだLAVAのおすすめポイントを紹介します。

それでもLAVAに通う理由

実はわたしはLAVA以外にも、ホットヨガやジムなどいくつか体験に行って、より自分にあったスタジオを探してみたんです。

でもあらゆることを考慮して、結局LAVAにおさまりました。
その理由はいくつかあります。

立地条件の良さ

今もLAVAを選んだ最大の理由は、立地条件の良さです。
LAVAは全国で430店舗以上もあり、そのほとんどが駅から徒歩3分以内と、非常に通いやすいんです。

また、フリーフルという通い放題のコースを選べば、どの県のどの店舗に行くこともできます。

仕事帰りはあのスタジオ店舗、休みの日はこのスタジオと、その日の都合に合わせて、一番アクセスの良いスタジオを選ぶことができます。

実は一つ、近所に気に入ったスポーツジムを見つけて、LAVAから乗り換える寸前でした。

だけど休みの日には通いやすいけど、仕事帰りに行くことが難しく、結局LAVAを続けることにしました。

またその近所のスポーツジムの毎週の定休日が、わたしのシフトの休みと重なりがちだったことも選ばなかった理由です。

何か習い事を続ける上で、重要なことって「通いやすいこと」ではないでしょうか。

家から遠い場所にあって、通うのがおっくうだとなかなか続かないですよね。

その日に思い立ったり、ちょっと時間が空いたので行きたいというときも、家から近いと便利ですよね。

立地がよく、どの日、どのような状況でも、さっと通うことができる。
これがわたしがLAVAを選んだ一番の理由です。

レッスンの数が多く豊富

次にLAVAを選んだ理由は、レッスン数が多く、種類も豊富だったからです。

LAVAを退会した後、京都烏丸四条にあるホットヨガスタジオビープラスに通っていました。

スタジオはLAVAより広く、鏡が二面方向にあり、よかったんですけどね…。

ただレッスンの数の多さと種類の豊富さでは、LAVAの方が若干勝っていました。

当時は烏丸四条近くで働いてましたけど、転職したため、通いにくくなってやめてしまいました。

ビープラスは京都に一店舗しかありませんですたが、LAVAは現在京都だけで11店舗もあります。

そしてビープラス京都店は、今はなくなってしまったようです。

やはりLAVAの方がレッスンが豊富だったため、選ぶ人も多かったのではないでしょうか。

特化性に優れたレッスン

LAVAはレッスンが豊富なだけでなく、特化性に優れています。

特化性というのは、目的に合わせてレッスンを選べるということです。

強度でレッスンを選ぶ

運動が苦手な人は、ヨガを始めるとき、ついていけるかどうか不安ではないでしょうか。

安心してください。

LAVAは強度が、1~5と、だいたい五段階に分かれています。

まずは、強度1から始めてみて、慣れれば強度5にチャレンジという、自分のレベルに合わせてレッスンを選ぶことができます。

強度2ぐらいまでなら、多少運動音痴でも1時間のレッスンをこなすことができます。

不安だったら、一度ぜひ体験してみてください。

★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★

わたしは現在強度3を中心に通ってます。

一度強度4のパワーヨガ中級というクラスを受けたらフラフラになったので、しばらくは強度3で様子をみまーす。

目的でレッスンを選ぶ

LAVAのレッスンには、目的によって選べるように、特徴をあらわしたプログラム名がついています。

例えば、まずヨガの基礎を学びたいなら、「ヨガベーシック」「ヨガビギナー」がおすすめ。

体のある部分を集中的にメンテナンスしたければ、「美尻ヨガ」「美脚ヨガ」「ほっそり二の腕ヨガ」など。

リラックスしたいときは、「リラックスヨガ」「リンパリフレッシュヨガ」などですね。

実はわたし、ヨガからスポーツクラブにのりかえようと、体験レッスンに行ったんです。

もちろんヨガ教室もありました。

ですが、さまざまなスポーツレッスンの中の一環として、ヨガ教室が2~3程度あるだけなんです。

当然、毎週同じ時間、同じ講師が担当するわけです。

講師も、毎週同じ生徒に同じレッスンを教えないよう工夫して、多少はプログラムの内容を変えるわけです。

でもそれは、あくまで講師が提案するレッスン内容で、わたしたちが求めているレッスン内容ではありません。

そりゃ、リクエストすれば多少は応えてくれるでしょうけど、たくさんの生徒がいる中、毎回わたしばかりを優先させるわけにはいきませんものね。

その点LAVAは、本当に自分が集中して取り組みたい内容のレッスンを選ぶことができます。

そのレッスンは、多少講師によって流れは変わるかも分かりませんが、毎回全く同じ内容のはずです。

わたしのような運動音痴は、毎回内容を変えられるより、決まったレッスン、決まった内容を繰り返して、集中的に取り組む方が性に合ってるんです。

わたしがよく選ぶレッスン

お腹引き締めヨガ

わたしはデブな上、特にお腹のボリュームがすごいんです。

多分、腹筋が弱いんでしょうね。

この「お腹引き締めヨガ」というレッスンは、その名の通り、お腹を引き締めるためのプログラムです。

当初受けたときは、ハード過ぎてついていけなかったのに、お腹まわりがすごい筋肉痛になりました。

今は大分ついていけるようになりましたが、最後の方に登場する難関、「三点プランク」ができません。

途中でへばってうつぶせに寝て、休憩しています。

しかし今はもうこのレッスンを受けても、筋肉痛にはならなくなりました。

きっと筋肉が鍛えられたのでしょう。

この「お腹引き締めヨガ」を受けた翌日は、何となく腹筋がついたような気がして、背筋がのび、お腹をひっこめて過ごすのが苦痛じゃなくなるんです。

できれば週に一回は受けたいと思っているレッスンです。

ボディバランスヨガ

体の中心である骨盤まわりにアプローチして、その名の通り、ボディバランスを整えるレッスンです。

骨盤周りを中心に股関節や仙腸関節の動きやすくするプログラムが、むくみ改善や、美しい姿勢を作るのに効果的だそうです。

実はわたし、ヨガのほかにベリーダンスを習い始めたんです。

ベリーダンスとは、日本語にすると「腹踊り」という意味です。

ベリーとはお腹のことで、お腹や腰まわりをくねくね動かすから、この名前がついたんだそうです。

どんなダンスでも美しく魅せるためには、体幹の強さと体の柔軟性が必要不可欠。

特に妖艶な腰つきが最大の見せ場であるベリーダンスは、骨盤が整っていて、柔らかい腰の動きがより重要になってきます。

このボディバランスヨガは、骨盤まわりを集中的に鍛え、股関節や仙腸関節を動かしやすくするプログラムです。

特に仙腸関節は普段ほとんど動かさない関節で、ベリーダンスでもとても重要な動きを握る関節なのですって。

そんなわけで、きっとこのボディバランスヨガというレッスンが、ベリーダンスの基礎練習の代わりになると勝手に思って、熱心に受講してまーす。

リンパ系のレッスン

むくみは、リンパの流れが滞ることが大きな原因です。

LAVAには、このリンパの流れを促進するセルフマッサージがふくまれた「リンパリラックスヨガ」「リンパリフレッシュヨガ」という二つのレッスンがあります。

強度が1.5と弱いので、初心者の方にもおすすめ。

わたしは水分を異常にとるので、むくみがとてもひどいんです。

このリンパ系のレッスンを受けると、本当に滝汗が出て、とてもすっきりします。

強度が弱いので、このレッスンを受講するときは、二連続受講にすることが多いですね。

少し強めのレッスンを最初に受けて、二本目にリンパを受けてすっきり、というのが、休日LAVAに行くときのお約束になっています。

ヨガは運動音痴の最後の砦

以上が、わたしがLAVAを選んだ主な理由です。

LAVAというより、ヨガを選んだ理由ともいえるかもしれません。

ヨガというのは、運動が苦手な人の最期の砦、どんくさい人でもチャレンジできるスポーツだからです。

わたしみたいな、おデブちゃんにもチャンレンジできる、唯一の運動、それがヨガです。

ヨガをスポーツと言ってもよいのか難しいところですが、その目的は、体の柔軟性を高め、筋力を鍛えて健康な体を作ることです。

と考えれば、ここは一つ、スポーツととらえてみることにしましょう。

正確に言うと、宗教的行法なんですけどね。

心身を鍛錬することにより、精神力も高めようというのが、ヨガの本懐です。

ヨガは基本、ヨガマットという狭いスペースで、ゆったりと体を動かしながら行うことができます。

走ったり、息を切らすようなキレのある動きなんて必要ないんです。

ちなみにLAVAにも「サウンドフローヨガ」という音楽に合わせて、ダンスのように体を動かすプログラムがあります。

強度は3とそんなに高くないのですが、わたしには無理でした。

ついていけず、途中でやめようかと思ったぐらいです。

どんくさくて、リズム感がないのでしょう。

ピアノもベリーダンスも習ってるくせにね。

同じく音楽に合わせて体を動かす「ネイチャーヨガ」は、ゆったりとした動きなので、ついていけました。

このレッスン、最後の方ちょっと泣きそうになるぐらい、物語性があっておすすめです。

ヨガをやっているというと、ストイックで意識高い系のイメージがあり、婚活中の趣味としては敬遠されるかもしれません。

そんなことはないんです。

ヨガは、運動が苦手で怠け者なもチャレンジできる比較的難易度の低い、最後の砦なんです。

マット一枚分のスペースがあれば、おうちでも気軽に取り組むことができますからね。

オフィスでもできるヨガ

わたしはときどき仕事中でも、椅子に座ったままヨガやってます。
オフィスでおすすめのポースをご紹介します。

花のポーズ 肩こりに

胸の前で合掌して、合わせた手のひらをぐっと押し合います。

これだけでもバストアップの効果があるそうです。

さらに余裕があれば、下記のサイトを参考に。

花のポーズ マタニティヨガをはじめよう
マタニティヨガをはじめよう!では、妊婦さ...

三日月のポーズ

三日月のポーズは、二つあるそうです。

今回紹介するのは、簡単な方。

三日月のポーズ

この動画では、立って行われていますが、わたしはオフィス机に座ったまま、上半身だけ動かしてます。

たまにトイレに立ったときに、化粧室で全身のポーズを行うこともあります。

これだけでも、パソコンに向かい続けて凝り固まった体がすっきりしますよ。

他には、首をのばしたり、肩をぐるぐるまわしたりしてます。

簡単なポーズを覚えておけば、仕事の間のリフレッシュにも使えるのがヨガのいいところ。

そのようなことで、運動神経に自信のない方も、ぜひヨガ初めてみてください。

今日もヨガができる健康な心と体に感謝しましょう。

ナマステ~。



ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング