結婚相談所にクレームメールを送信 写真詐欺とお見合いの待ち合わせ場所について

お見合いレポ
スポンサーリンク

結婚相談所で出会い
二回目にすすんだ殿方との
待ち合わせを
御相談所でしたいと言って
断られたプチ初老ころん。

 

そこでころんは
以下のようなクレームメールを
送ってやった。

 

「ドトールさんとの
お見合い待ち合わせ場所を
御社で希望したのですが、
相談所外で設定ということで
相談所一階エレベーター前と
指示されました。

 

私としては、
ドトールさんは
かなり写真と印象が違い、
顔をあまり覚えておらず、
連絡先も分からない人と、
初めての場所で
きちんと会えるか不安です。

 

ドトールさんの写真を
撮影された仲人さんは
相当の腕前だと
感服いたしました。

 

顔も連絡先もあいまいなので、
相談所内で
待ち合わせだけでもできれば
安心なのですが、
協会外にこだわる意味が
分かりません。

 

協会内が込み合う等
問題があるのかもしれませんが、
10分で退出などの決まりを
作ればいいのではないでしょうか。

 

私が仲人だったら、
時間と場所を設定して放置よりも、
相談所で会ってもらえば
確実に会えたこと
自分で確認できるので
安心できます。

 

何だか不親切で、
本当に会員が
安心して活動できる環境作りを
考えてくださってるのかと
不思議に思います。

 

これだったら、
外お見合いをやめて、
一度目のお見合いで
双方合意があれば連絡先交換の方が、
安心してお会いできると感じます。

 

仲人さんの手間も省けますしね。」

 

ころんってホント
イヤミの天才だなぁ。

 

わたしは
自他とともに認める
モンスタークレーマーだ。

 

近頃は
冷静になるために
メールでクレームを
つけることが多い。

 

電話や直接会ってだと
やはり感情的になって
ヒートアップしてしまいますから。

 

メールだと
書いているうちに
自分の気持ちが整理できたり
何に対して怒っているのかが
よく分かるからオススメ。

 

そしてクレームメールを
作成し終えて
読み直すとき、
わたしって
何てイヤミの天才なんだろうと
自分の作った文章に
うっとりとするのである。

 

それはまるで
一つの美しい作品のようである。

 

実を言うと
ころんはクレームメールを
作ることによって
今自分が不満に思ってることを
いったん整理し吐きだすことが目的。

 

それで気持ちの整理がつき
気がすんだら
送らないでおこう、
とりあえずメールの作成だけ
してみようと
自分の言い分を文章で綴るのです。

 

それはこのブログも同じ。

 

だけどクレームメールを
作成し終えたとき
あまりによくできた文書なので
どうしても誰かに
読んでほしくなるのです。

 

そして当初は
とりあえずメールの作成だけと
思っていたものの
やーっぱりどうしても
送りつけたくなって
送ってしまうのです。

 

この婚活日記の
一つの見どころは
ころんが相談所につける
怒涛のクレーム。

 

まだまだ
このクレームは序の口。

 

これからころんがつける
鬼のようなクレームを
どうぞ楽しみに読んでおくれ。

 

ころんは
プロのクレーマーだからね。

 

うそうそ。

 

プロってことは
それでお金を稼ぐってことだから
さすがにプロではないか。

 

でも一回バイト先にクレームつけて
解決金もらったことがあるから
プロかな。

 

そんときは
裁判所を利用しました。

 

こうなってくると
クレームというより
訴訟だわな。

 

さて、
相談所から
相談所内を待ち合わせに使いたいという
ころんの申し出に関して
以下のような
お返事がやってきました。

 

「お待ち合わせ場所ですが、
お見合いは
お互い会ったことがないので
会えないと困るという事で
相談所で
設定させて頂いております。

 

お外見合は
すでにお会いになって
お話もされているので、
それを前提で相談所会外で
お待ち合わせと
させて頂いております。

 

もしお会いになれない場合は
相談所にお電話を頂きましたら、
相談所より先方様に
ご連絡を入れさせて頂き
お会いになれるように
誘導をさせて
いただいております。」

 

………。

 

このメール
ころんの要望にたいして
全く答えになっておりませんよね。

 

この相談所はこうである。

 

こちらが聞いていることにたいして
ただただ
同じ文言を繰り返すのである。

 

このメールには
一度会ったことがある相手は
相談所外で会っていただいていると
記載されておる。

 

そんなこたぁ
分かってるっつーの。

 

それを踏まえまして
一度会っただけで
顔もあいまいな上
写真と全然違うから
誰か分からないかもしれないので
外で会うのが不安です、と
相談しとんやないけ。

 

ころんの相談の
答えになってないし
ころんの不安を
全く解消してくださって
おりませんよね。

 

そして
写真と実在の人物の印象が
全く違う
つまり写真詐欺やないけという
遠まわしのクレームについても
全く答えておらん。

 

ちなみにころんの勤めていた
一流結婚相談所では
写真と違うという
クレームが届いた場合
相手に指導がいきます。

 

会員の不安も解消できず
相談にもこたえられず
おまいらそれでも仲人か!

 

クレームのつけ方まとめ

結婚相談所は実はクレームや消費者センターの利用の多い業界です。
腑に落ちないことはクレームをつけることで解決することもあります。
クレームをつけるときは、なるべくメールなどの文章にして、いったん冷まして読み直しましょう。何度読み直しても、自分は間違っていない!正式な主張である、家族や友人に読まれても恥ずかしくないと思ったなら、正々堂々と送りましょう。
メールで送るのは、自分の文章が残るかわりに、相手の返事も残ります。そこで理不尽なことを言われたら、どんどん突っ込んでいきましょう。
すると一人前のクレーマーになれます。

コメント