バブル世代の勘違いがすごい!バブル姫の勘違い発言特集 お前に言ってない

バブル負の遺産バブル姫
スポンサーリンク

バブル世代に
勘違い女が多いのは
なぜでしょう。

 

バブル世代は
誰でも簡単に
良い仕事とお金を
手に入れられた
横並びの世代です。

 

そして今でもそうですが
お金を使うことが
大好きなのは女性です。

 

誰でもお金を持っている時代
マスコミはこぞって
女性をちやほやし
お金を使わせようとしました。

 

男たちにも
女性にお金を使うだけの
余裕がありました。

 

またレディファーストの
価値観が西洋から入ってきて
男性が女性をもてなすものという
価値観が定着し始めました。

 

バブル崩壊後
残念ながら男性に
女性をもてなすだけの
余裕がなくなってしまったのでしょう。

 

しかし
女性はいつまでたっても
おもてなしを受ける側という
思い込みから卒業できないのです。

 

要は楽な価値観に
流れているということでしょう。

 

………………………………

バブル姫
(50歳・独身・バブルの負の遺産)
にとって
この世で一番楽しいことは
恋愛なんだと。

 

50歳にもなって
男ー男ーって
言ってるわ。

 

もう孫がいても
おかしくない年齢なのに
恥ずかしい老女だね。

 

新しい男ができたら
痩せないとーって
言ってるわ。

 

案に
私は現役バリバリで
セックスしてますって
言いたいんだよ。

 

気持ちの悪い老女だね。

 

ある時
材料課の女の子(38歳)に
最近男関係はどう?って
聞き始めた。

 

材料課の女の子は
以下
材料課のザイさんって
名付けることにする。

 

ザイさんが
男関係さっぱり
何もないって
言うもんだから
姫は

 

「やっぱり合コンしないと!」

 

って言い始めた。

 

合コンして
わらわも招待しろって
ことだろな。

 

50歳の老女なんて
合コン呼べるわけないやん。

 

空気を読まない老女だね。

 

男共から
ブーイングの嵐だろうがよ。

 

38歳でも
合コンはキツイわ。

 

わたしは

「合コンより
結婚相談所に
入る方がいいんじゃないですかね。」

と言ってみた。

 

「結婚はしなくてもいいわ~。」

と姫が言った。

 

いや
あんたに言ってないし。
お前に言ってない。

 

ザイさん
38歳に言ってるんだし。

 

バブル姫が今更
結婚できるなんて
誰も思ってないし。

 

典型的な売れ残り女。

 

男が結婚したくない女の
条件をこれでもかって
兼ね備えてるのが
バブル姫だし。

 

料理できない
金使い荒い
年食ってる

 

これだけそろえて
まさか結婚できると
思ってないだろうね。

 

ザイさんは38歳。

 

38歳といえば
必死に婚活がんばれば
まあギリギリ選べる年齢です。

 

そして必死に婚活がんばれば
子供もギリギリ産める年齢です。

 

今から必死で婚活始めろよ、
ザイさんよーと
結婚できなかったのに
自称婚活のプロ
元一流結婚相談所の
マリッジカウンセラーの
ころんとしては思うのです。

 

そのようなことで
バブル姫よー

 

お前に言ってねーし!!

 

どこまでも
頭の悪い老女だね。

 

何故こんなにも勘違いが
ひどいかというと…。

 

バブル姫は
バブルの頃
ちやほやされた記憶が
忘れられないらしい。

 

何でも入社当時は
地味だったという。

 

しかし
男性の多い職場で
女一人の部署に
配属されて
それはそれは
おじさまたちに
ちやほやされて
勘違いしたというわけ。

 

社会人デビューかよ
ダッサ。

 

時代もよく
お金が有り余ってる
バブルの頃。

 

「わたしは
男に貢がせる
才能がある。」

 

とバブル姫は
豪語しているわけ。

 

貢がせるといっても
せいせい数万円程度でしょ。

 

本当に貢がせたと
自慢するのであれば
マンションとか
車とか
買ってもらってから
言えや
この売れ残りババア!!

 

とは思ってても
言えませんが。

 

バブル姫は
現在独身だが
北海道と沖縄以外
全国に男がいるらしい。

 

だから将来は
その男たちに
面倒みてもらうんだってさ。

 

あるいは
貢がせる才能があるから

「結婚詐欺師に
なるわ。」

 

だとよ。

イライラするわー。

 

今度
詐欺師になる
なんて言い出したら

 

「それって
犯罪者になりたいって
ことですよね。

 

そういう両親を
悲しませるような
仕事はしない方が
いいと思う。

 

わたし
犯罪者の知り合いが
いるとか周りから
思われたら
恥ずかしいわ。」

 

って言ってやるわ!!

コメント