女同士の派閥争い!?女同士のいじめ!?職場でひとりぽっちで取り残されたバブル姫 コトの真相とは?

バブル負の遺産バブル姫
スポンサーリンク

同じ敷地内にあるバブル姫勤務の親会社、わたしが勤務している子会社、ともに内勤女性社員が、どんどんと増えていった。
そのため、お昼休みの休憩室に使用している和室が、手狭になってしまうのは必然のこと。

そこでバブル姫は、「子会社が和室から出ていけばいいのに。」と、何の道理もない自分の勝手極まりない願望を言い出した。

だが、和室から出ていったのは、わたしたち子会社のメンバーではなく、バブル姫の親会社同僚の後輩さんととじこさんだった。

ある日突然、後輩さんととじこさんは、昼休み、和室に来なくなってしまった。
それに従い、時々顔を出す同じ親会社のローラさんも来なくなってしまった。

するとわたしたち子会社のメンバーの中で、一人、バブル姫がぽつんと取り残されることになる。
それは本当に異様な雰囲気だった。

 

ねえねえ、いったい親会社のなかで、何が起こったの?
とは、何となく、バブル姫には聞けず…。

すぐに分かったことであるが、後輩さんととじこさんはお昼休み、カラさんたちのいる打ち合わせ室で休憩することにしたようである。

だけどバブル姫は、カラさんと険悪なため、打ち合わせ室に行くことができない。

険悪なのは、バブル姫がカラさんに

「52歳で採用してもらっただけ、ありがたく思え。
応募者がいなかったら、仕方なくカラさんを雇っただけで、本来あなたはここにいるべきではない。」
と暴言を吐いたからである。

120%、バブル姫が悪い。

そのようなわけで、以前から親会社女子社員の間では、ぱっくりと派閥はできていたのだが、それがますますあからさまに一目瞭然となってしまったというわけである。

派閥…っていうか、バブル姫一人対全員なので、いじめに近いものがあるけどな。

それでお昼休みに入るとき、キッチンでお茶を入れていると、たまにとじこさんや後輩さんと顔を合わせるわけ。

すると二人は

「何だかごめんねー。」とか、「たまには、打ち合わせ室にも来てください。」とか、意味不明のことを言って、逃げてゆく。

多分、親会社のバブル姫のお世話を、子会社の女性たちに押し付けちゃってごめんね、ってことだと思う。

とはいえ、親会社にこのような軽い扱い、もはやいじめのような扱いを受けているバブル姫を、子会社のわたしたちが大切にする道理もない。

昼休み、ほぼ子会社のメンバーで過ごすことになったので、話題も当然子会社特有のものが多くなるわな。
するとバブル姫は、当然、話題に入れず、疎外されてしまうことになる。

だからいつもつまらなさそうに、一人ぼっちで携帯をいじったり、たまに大声で電話かけて、わたしたちの会話の邪魔をしたりしていた。

あるときは、一人で携帯の動画を見始めたはいいけど、わたしたちが、おしゃべりしているので、当然音が聞こえにくい。

するとバブル姫は、これみよがしに音が聞こえない様子で、携帯に耳を近づけて、懸命に音を拾おうとするわけ。

何だかなぁ。

そんなことするならもう、ここから出ていけばいいのに。
そこまでして、ここにいたいのかね。
何だか本当に、バブル姫が哀れになってきた。

さて、あるときたまたま帰り道で、後輩さんと一緒になった。
そこで聞いたコトの真相はこう。

和室が混み合うので、後輩さんととじこさんと一緒に、今日から会議室で昼休みをとらないかと、バブル姫を誘ったのだという。

しかしバブル姫は、和室がいいと言って、会議室へは行かなかった。
その日、とじこさんと後輩さんは、二人で会議室でお昼を食べた。

しかし会議室は二人で食事するにはあまりに広い。
昼休み時間にも、ランチミーティングなどで使われることもあるしね。

で、翌日からは、後輩さんととじこさんは、カラさんたちのいる打ち合わせ室に移動して昼休みを過ごすことにしたというわけ。

一応、カラさんとバブル姫が険悪なことに配慮して、当初は、カラさんがいる打ち合わせ室ではなく、会議室でお昼をとろうと誘ったのがミソだわな。

しかしバブル姫は、誰とお昼休みを過ごすかではなく、どこでお昼休みを過ごすかが重要であったらしく、和室がいいと言い張ったんだもの、仕方のない結果です。

とはいえ、後輩さんは、子会社にやっかい者のバブル姫を押し付けた形になってしまったこと。
バブル姫が結果的に孤立してしまい、それが浮き彫りになっていることを、多少は気にしている様子。

「後輩さんは、バブル姫に声をかけてから、和室を出ていったんだし、一応礼儀は尽くさはったし、気にしなくていいんじゃないですか。

一緒にお昼を食べようといって、断られたなら、後輩さんからすれば、どうしようもないですものね。

それにバブル姫さんがこういう一人ぼっちの状況になって、自分がみんなから避けられているということに気がつくこともできるし、逆によかったんじゃないですかね。」

と、わたしはわたしの思うところを述べました。

それで今も、和室はわたしたち子会社メンバーの中に、親会社のバブル姫がひとりぽつんといるという状況が続いているのだが、いろいろとプチ事件が起こるのです。

 

続く

 

本日のバブル姫のファッションです。

今日も流行のワンピONワンピを取り入れ、春らしいピンクのワンピが爽やかなバブルファッションですね。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング