職場を散らかす迷惑お局正社員(50歳)に、意を決して派遣社員(40歳)が片づけるように注意した!!

バブル負の遺産バブル姫
スポンサーリンク

片付けられない障害疑惑があるため、ロッカーに荷物をおさめきれず、いつも壁に自分の洋服をつるしているバブル姫(50歳・独身・バブル)

ある日のこと、バブル姫が、こーんなにもたくさんの洋服をつるしていたわけ。

ワンピース二枚に、ダウンコートをつるしています。

こんなパンパンにつるされたら、当然のごとく、わたしがこの一番端のロッカーを使うのに不自由がありますわな。

いくらなんでもこれはないで、と思って、意を決して、わたしは注意することにした。

だってバブル姫のお洋服。

おばーちゃんの箪笥のにおいがするんだもの。

ロッカーを開けるたびに、不衛生でおばーちゃんの箪笥のにおいがする洋服が、わたしの顔やら体やらに当たるんやで?

それ、何っていう罰ゲーム!?

で、わたしはお昼休み、食事をとりにロッカーにやってきたバブル姫に、このようにお伝えした。

「バブル姫さん、すみません。

あんなにたくさん洋服かけられると、わたし、ロッカーが開けにくいんです。

それに、ロッカーを開けるとき、わたしの顔がバブル姫さんの洋服に当たりそうになるんです。

わたしのファンデーションが、バブル姫さんの服を汚してしまったら、申し訳ないですし…。」

と、わたしは、わたしの言い分を述べました。

するとバブル姫は思ったより素直に

「ごめんなー、ころんー。」

と言って、すぐさま服を片付け始めたのです。

が、すでにロッカーはぱんぱんに詰め込まれているため、無理やりスペースを作らなければならない。

皆がごはん食べているところで、ゴソゴソロッカーの片付けを始める。

埃がたつから、後にしてください、とは、さすがにわたしが、お前の服が邪魔だと言い始めたので、伝えられず…。

何とかバブル姫は、三枚かけられている洋服のうち、二枚を無理やりロッカーにつめこんだ。

で、一枚だけ残ったので、それを、わたしのロッカーがある逆の方にピュッと寄せた。

(あ、服を寄せるだけで、片付けてはくれないんだ…。)

と、わたしは思ったものの、まあ、一応は片付けてくれたし、このぐらいは我慢することにした。

そしてバブル姫は

「こんなところに服をかけているアタシが悪いから、ころんがファンデーションで汚してしまっても、気にしなくていいわ~。」

と言った…。

いやいやいやいや…、

そら、気にするやろ!

まともな大人の社会人なら、たとえ、1ミクロンも自分に非がなくとも、他人の洋服にファンデーションつけて汚してしまったら気にするやろ!!

わたしがファンデーションつけてしまうことを気にするということを、気にしておくれよ!!

もっと気にしろ!!

いろんなこと、あらゆることを、気にしろよ!!

「気にしなくていい。」という一言で解決できる問題やないで!

それに「ファンデをつけてしまう。」というのは、あくまで、建前です。

実のところは、

「お前の汚らしくてくさい服がわたしに当たるのが不愉快だから、そのダッサイ服、さっさとのけろや、ボケェー!!」

というのが、わたしの本音です。

本音を言うと角が立つから、建前を言って、言葉をにごしてるのにさー。

建前の後ろに隠れた本音を読んで!
空気を読んで!

「あなたが悪い」、をオブラートに包んで「あなたに悪い」と、言い換えて、あなたが被害者ってことにして、丸くおさめようと、こちらがあえて悪者になってやってるのにさー。

まともな社会人なら、本音に気がつくよ!

ていうより、まともな常識のある社会人なら、そもそも、明らかにロッカーの扉が開けにくい場所に、服をつるしたりしないのです。

このように、想像力がない、空気が読めない、本音と建て前が分からない、というのは発達障害によくある症状。

発言の裏を読めないというのは、知的障碍者によくある傾向。

これが、バブル姫の障害者疑惑です。

結局バブル姫は、服を全部は片付けてくれないんだー、これ以上言うのも面倒だしもう諦めるか…と思っていたらですよ。

ここでバブル姫も素直に謝って終わりにすれば、一応はこの問題は解決したのでしょう。

なのに他人から何か思わぬことを言われると、言い返して逆襲しないと気がすまないのがバブル姫。

つまらん、ちんけなプライドが、年下の派遣にマナーを注意されたのが我慢ならんのでしょう。

だから、バブル姫は余計なひと言を言い返してきて、自分の首を絞めることになるのです。

 

続く

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


人気ブログランキング