言っても分からない非常識こどもおばさんには、強行突破で理解させよう 派遣社員が正社員になったときの最初の難解

バブル負の遺産バブル姫
DSC_2671
スポンサーリンク

わたしのロッカーの前に、このように洋服をつるしている片付けられない症候群のバブル姫(50歳・独身・バブル負の遺産)

これではわたしは自分のロッカーを開けられませんと、バブル姫に注意した。

そしてひと悶着あったのだが、一応は解決したかのように思えた。

が、新たな事情が出てきたのである。

何度かこのブログでちらりと書いているが、わたくし、この業界一位二位を争う大企業で、派遣から正社員になることができました。

まあ、この輝く美貌と溢れる知性、有能さを考えたらとーぜんの待遇だわな。

というのは冗談で、この件についてはまた改めて書こうと思う。

しかしわたしが望まなかったこと、たいへん苦痛であることには、正社員は制服を着用しなければならないのだという。

ガーン!!!

わたしは制服が大嫌い!!

なぜ制服が嫌いかは改めて語るとして、制服を着なければならなくなった…。

となると、当然、ロッカーの前でゴソゴソ着替えをすることになる。

どう考えたって、つるされているバブル姫のお洋服が、着替えるときに、邪魔になるということは、火を見るより明らかなのである。

今までは、ロッカーなんてほとんど使わないから、多少邪魔でもバブル姫の服がつるしてあっても、我慢することにした。

しかし、制服に着替えなければならないというのであれば、一日二回、バブル姫のつるされた衣装を気にしながら、着替えることになる。

そんなのは、ごめんだ!!

で、普通に考えてバブル姫に事情を説明して、洋服を片付けてもらうのが、一番筋の通ったやり方だろう。

しかしわたしはもう、この件でバブル姫と話をするのがイヤだった。

一度失敗しているし、またグチグチ謂れのない嫌味言われて不愉快な思いをするのもね。

バブル姫となんか、不要不急でない限り、口をききたくない。
かかわりたくない!

と、わたしはどのようにこの問題を解決すればいいかと、もんもんと頭を悩ませる。

そしてだんだん腹が立ってきた。

だってさー、そもそもまともな社会人なら、どう見ても、ロッカー開けたりその前で着替えたりするのに邪魔なところに、洋服つるしたりなんかしない。

よしんば洋服をかけたとしても、「邪魔で困ってます」って言われれば、片づけるよね!

何でわたしが、非常識なキチガイおばさんのために、こんなにもんもんと頭と心を悩ませなければならないんだ!

全くこの世は理不尽ときてやがる!!

こういう非常識で幼稚なおばさんのことを、こどもおばさんって言うらしいね。

で、妹に相談したところ、

「そんなん勝手に取ってやったらいいやん。

あ、邪魔なんで外しました~って。」

と言われた。

そうか。

いないときに勝手に外してやればいいんだ。

言っても分からぬバカには、強行突破あるのみ!

と、バブル姫が休みの日に、このフックを取ってみた。

強力なマグネット型フックで、外したとたん、腰に負担がかかりビビッと痛みがきた。

「あいたたたた…。勝手に外したからバブル姫の呪いで腰が痛い…。」

と言うと、その場にいた人は、大笑いしておった。

わたしは

「勝手に外した事情を、貼り紙で貼っておくわ。」

と皆に伝えて、貼り紙の内容を考ることにしたのです。

 

続く

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


人気ブログランキング