結婚相談所で虫男を紹介されたため、虫男に謝罪と退会を要求したときの仲人の返事 セーブタ-48

クレーマーころん
スポンサーリンク

痛みを感じない無脊椎動物、虫人間であるセーブタさんに、お前と結婚しても介護じゃ!、だからお別れしとうございます、というメールを、結婚相談所と一緒に送りつけたプチ初老ころん。

その翌日か、翌々日か忘れたけど、結婚相談所の仲人さんからこんな返信が届いた。

ご連絡ありがとうございます。
お電話でなくてよかったですか?
こちらから掛けますので、おっしゃってくださいね。

色々と嫌な思いがあったんですね(~~;
2ヶ月報告としてはご縁がなかったという結果は承りました。

嘘つきというのは何が嘘つきと言われたのですか?
十人十色 皆顔が違えば性格も違います。

どれだけ傷ついても、当のご本人は鈍感といいますか、そこまで傷つけているなんて思っていない方がほとんどです。

今までまぁたくさんの会員様をみてきましたが色々ありました・・

お子様に関してですが、ころんさんは希望はされていないのですね。

デリケートな部分ですが、40歳~44歳くらいの女性に伺うと、欲しいか欲しくないかというと、欲しいですと答えられる方が多いです。ただ「恐いんですけどね・・」と付け加えられますが。

どうして不可能なんですか? という質問からダウン症や障害児などの可能性の話になったのでしょうか?

私としてもこれらを考えるととても残念です。

ご縁がなかったというお返事も当協会はお互いに言わなくてもいいとなっています。
先方協会のアドバイザーには今後このような非常識な発言がないように硬く申しておきます。

退会についてはご本人様自身に悪気はなかったとなれば、謝ることはできても処分という形は難しいです。

代わりでは物足りないと重々承知しておりますが、不害な思いにさせてしまい大変申し訳ありませんでした。

中々切り替えが簡単ではないかもしれませんが、何とかころんさんにお似合いの男性に出会えますように頑張っていきましょう。

…………………………

この返信は、過去メールからそのままコピーして貼り付けています。

まあ、これといって大きく取り上げることのない無難な慰めメールですね。

一つ心残りがあるとすれば、わたしはこのメールに返信しなかった。

多分面倒だったからだと思う。

わたしが送ったメールにたいして、この仲人がくれた返信は、あいまいな部分を掘り下げて聞こうとしてくれてるんだよね。

仲人だって、わたしの一方的な言い分だけで判断することはできないからさ。
だからわたしは、少なくとも仲人が質問している箇所については、きちんと説明をするべきだったと今になっては思う。

たとえばわたしがセーブタに嘘つき呼ばわりされたとメールに綴った件。
仲人はこの件に関して、わたしに詳しい説明を求めている。

わたしのどういう発言にたいして、嘘つきだとセーブタが言ったのかが分からないと、どちらの言い分に理があるのか、判断できないのももっともである。

ちなみにこの発言は、同じことを何度も繰り返すセーブタに

「何度ご説明してもご納得いただけないのは、わたしのことを嘘つきだと思ってるか、見下しているか、ですよね!」

とわたしが言ったら、

「全部ですね。」

という答えが返ってきたことを指していまーす。
わたし、何の根拠もなく、完全に嘘つきだと誹謗中傷されています。

詳しくはこの記事で。

男と女の修羅場! 女を見下す男を人殺しのような顔でにらみつけろ! セーブタ-38


さらに、セーブタに何度も出産を求められて不愉快だったと、わたしは仲人に訴えている。
これも正しいニュアンスが仲人には伝わっていない。

正確に言えば、出産を求められたことよりも、「年齢的に厳しいですよ。」とわたしが説明したことにたいして、セーブタが、「高齢出産だから、ダウン症の子供が生まれる可能性が高くなりますね。」と言われたことにたいして、わたしは不快に感じているのである。

それも一回だけなら、こちらも大人なんだから受け流すけども、会うたびごとに言われたからね。
仏の顔も三度まで。
三回ぐらいはわたしも我慢して聞き流したけど、とうとう最後にキレ散らかしてしまいました。

そしてこのメールには仲人から
「ご縁がなかったというお返事も当協会はお互いに言わなくてもいいとなっています。」
と記載されている。

つまりわたしがセーブタにも同じメールを送りつけたことがバレてるってことだよね。
セーブタからクレームが入ったのか。

結婚相談所では、お断りは直接本人に言うのではなく、仲人に間に入ってもらって断るというルールがありますからね。
へへへ…、ころん、ルール違反をやんわりと注意されてしまいました…。

だってセーブタに一言言ってやらんと気がすまんたい!
一言どころか、10言ぐらい言ってやってますがー。

さらに仲人は

「どれだけ傷ついても、当のご本人は鈍感といいますか、そこまで傷つけているなんて思っていない方がほとんどです。」

とわたしに説明をしている。

つまり、悪気がなく鈍感なだけだから許してやれよ。
結婚相談所のモテない男にありがちなことでっせ~。
ぐらいの気持ちだろうな。

しかしセーブタの鈍感さにもほどがある。
その鈍感さに耐えきれなくなっての今回のお断り。

仲人はこの鈍感さを甘く見ておるな。
それとも結婚したけりゃ、この鈍感さぐらい耐えろってか。

鈍感どころやないで。
セーブタは痛みを感じない虫だからな!

虫やで虫!
あたしゃ、人ではなく虫を紹介されたんやで!
お見合い料返せ!!

ついでにちょっと気になる一文。

「不害な思いにさせてしまい大変申し訳ありませんでした。」

と仲人から謝罪がある。

ねえ、「不害」って何?
「不快」の間違いじゃないの?

今、ネットで調べたら「不害」は、仏教用語で「非暴力」って意味らしい。

セーブタから、非暴力な思いをさせてしまって、申し訳ありませんでしたって意味になるね。

非暴力な思いって何?
たしかに暴力はふるわれておらんが、人格攻撃はされたわな。
わたしも10倍ぐらいにして返してやったがな。

この仲人はやっぱり「不害」ではなく「不快」と使いたかったんだろう。

それを「フガイ」でメールを打ったため「不害」と変換されて、何の違和感もなく、そのまま気がつかず、わたしに送ったと。

何ていうか…まあ…、教養のない仲人ですな!

とまあ、今頃ネチネチ仲人のメールに文句つけても詮無きこと。

この頃のわたしは、パワハラ激しいP企業の派遣期間を終えて、新しい職場に入ったばかりなので、気が張っており余裕がなかったんだと思う。

だから仲人のメールをほったらかしにしてしまったんです。

わたしが返信をしなかったもんだから、結婚相談所側も、わたしが矛をおさめたと思ったんだろうね。

おさめるもんかい!

あたしゃ、あんたたちが思ってるより100倍ぐらい執念深い女なんだよ!!

続く

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング