いつか犯した罪を償う日がくる わたしの結婚への夢を打ち砕き絶望の淵に追いやったのは誰? トラレさん-14 完結

婚活レポ
スポンサーリンク

婚活サイトユーブライドで
知り合ったトラレさんの
妄想がウザかったので
たたきつぶしてやったプチ初老ころん。

さすがに攻撃的な性格が過ぎると
自分を省みて
わたしはモト彼なんか
セフレなんか
分からない関係になっている
フレディに相談してみた。

フレディの反応も
前回の記事の
のりこちゃんと
似たようなものだった。

 

トラレさんに
モテない男の典型的な
ダメ行動って言ってやったのは
よかったんじゃないって
答えだった。

わたしがやたら
いい男性が
できたんですか?
って聞かれるって
言ったら

「そいつ、ウザいな。」

と全面的に
わたしに同意。

妄想が激しいことが
うっとおしいことにも
理解を示してくれた。

しかも
わたしがトラレさんに
言ってやったことに関して
特に不快感もなく
別にいいんちゃう?
って感じだった。

ただ
わたしが
妄想で先走って
あれこれ言われるのは
気分のいいものではありませんと
メールしたことについては
やたらかみついてきた。

社会人やったら
不愉快やっていう
言い方をしたらアカンって
しつこく言ってきた。

不愉快じゃなくて
気分のいいものでは
ありませんやって
言い返したら
同じ意味やって。

じゃあ
何て言えばよかったんや。

ここはわたしが
トラレさんに
一番伝えたかった
ポイントやで。

オマエの妄想
気持ち悪いわ!!
って
はっきり言ってやれば
よかったのか。

話題は変わって
フレディは
バツ2で
腹違いの子供が二人いる。

そのことについて
養育費を払ってるから
お金がないのって聞いたら
払ってないと言い張る。

しかし
わたしは
フレディが
最初のヨメと
連絡を取り合っていることを
知っている。

その子供と会っていることも
知っている。

そしてその元ヨメの
住所、車のナンバー
自宅の電話番号
勤務先も知っている。

なぜ知っているかというと
SNSにあげてたから。

なのにフレディは
一切連絡を取り合っておらず
どこでどうしてるかも知らないと
言い張る。

なぜ隠すのかは分からない。

わたしが気分を害すると
気を使ってるのか。

あるいはわたしが
元ヨメと子供に
何かするとでも思ってるのか。

まあ
デスノートがあったら
確実に名前は書くわな。


わたしが
何で隠すのさと
しつこく聞いたら
フレディはとうとう怒りだした。

お前こそ
妄想で決めつけて
アレコレ言ってきて
トラレと同じや!って
怒られて
電話切られた。

わたしは
妄想で言ってるんじゃないもん。

SNSで見たもん。

とは言いませんがね。

だって
こっそりSNSチェックしてるの
ばれたら恥ずかしいやん。

しかもわたしが見てるって
知ったら
多分ブロックされるわ。

別にブロックされても
いいんだけど
ブロックされるという行為が
不愉快だから
言わない。

アンタのSNS
ダダ漏れですけどって
言わない。

そもそも
わたしたちは
SNSでつながって
やりとりしているのに
何でバレてないと思うんだろうね。

どいつもこいつも
頭悪いわ。

そんなわけで
トラレさんとの
儚い恋は
ころんが逆上して
終わってしまいました…。

別に恋なんて
してないけどなー。

でもう
好きでもない男を
無理に好きになろうとしたり
無理につないだりして
ストレスをためこむより
気のおけないセフレと
気楽に遊ぶほうが
よほど精神が安定するという
結論が出てしまいました。

わたしがもっと若ければ
フレディの関係も
もっと必死で切るんだけど
この年齢になると
そこまで必死に別れる必要も
ないかって
思うようになりました。

結果的に
トラレさんなんて
わたしにとっては
多少傷つけたとしても
心も痛まない
どうでもいい男。

だがこのどうでもいい男のおかげで
婚活に一つの見切りを
つけることができたってこと。

ある意味
わたしの結婚への夢を
打ち砕いた
わたしを絶望の淵へと
追いやった男でもあるわな。

あらころんってば
トラレさんを
こっぴどく振って
絶望させたつもりが
本当はこちらが
絶望させられていたという
手痛い復讐を
受けていたというわけですね。

やるな!
トラレ。

色んな意味でなー。

愚かな男というのは
存在自体が罪なのかもしれません。

ならば愚かなわたしも
存在自体が
罪なんだろうな。

いつかその罪を
償わされるときが来る。

あ、
今その罪を償わされて
こんなショボくれた人生を
送ってるのか。

納得!

トラレさん編終わり

ころんが登録しているユーブライドへのご登録はこちらから。


 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング