40代の派遣社員に、20歳以上年上の男性がお似合いだとすすめる20代派遣社員

しるし
スポンサーリンク

職場で、10歳以上年下の派遣社員富永さんが、給料の相談をしてくるので、何となく、イヤな気持ちになって、彼女と距離を置きたいプチ初老ころん。

 

こちらの記事の続きです。

派遣女が派遣女を嫌いになる瞬間 派遣同士で給料を探り合わないのはオフィスのマナーである

わたしが冨永さんを嫌いになった理由、その2です。

理由その2 20歳年上のじーさんを恋愛相手として勧められた

 

ある日のことです。

 

突然富永さんが

 

「ころんさんは、彼氏さんはいらっしゃるんですか?」

 

って、聞いてきた!

 

フツー、40代独身派遣社員に、20代後半派遣社員が、そんなこと聞く?

 

聞かないよね。

 

常識とモラルのある社会人ならね。

 

プライバシーの侵害だで!!

 

わたしは昨日今日入社した年下の、しかも派遣社員に、そんなプライベートでデリケートなことを聞かれるとは思わなかったので、すっかり慌ててしまった。

 

「い、今はいないかな…。」

 

何て、今一時的にいないだけなのよ、などと、見栄を張ってしまった!

 

恥ずかしー!!

 

フツーにいないって言えばいいのにね!

 

しかしいくらころんの人間の器が小さいといえ、そんなことで怒るほど、沸点が低いわけではない。

 

続いて富永さんは、わたしより20歳以上年上の、定年退職後嘱託で働くじーさんを、恋のお相手としてすすめてきやがった!!

 

「私、ころんさんにはね、K課長が合うと思うんです。

 

K課長は、穏やかでころんさんの話を、うんうんって聞いてくれそうで…。」

 

とな。

 

ねえ、わたし、アンタに男みつくろってって頼んだ?

 

頼まれてもいないのに、勝手にあなたにはこういう男性が合うというのは、独身ハラスメントである。

 

LGBTの権利が叫ばれる昨今、立派なセクシュアルハラスメントであり、人権侵害ではなかろうか。

 

それが欧米風のやり方かー!!

 

わたしは基本、誰かからイヤなことを言われると、即座に10倍返しで言い返せるほど、攻撃力が高く、脳みその機転がきく。

 

そんなわたしが、まさかそのような斜めからの攻撃を受けるとは思わなかったので、とても返す言葉が見つからなかった。

 

しかしかろうじて…

 

「え?そんな定年退職後の20歳も年上のじーさんと結婚したって、わたしすぐ介護やん。

 

全くわたしにメリットないやん…。」

 

と言い返すのが精いっぱいだった。

 

精いっぱいの割には、かなりひどいこと言ってますが…。

 

富永さんは

 

「え…、K課長ってそんなお年なんですか?

もっとお若いと思っていた。

 

失礼だったらごめんなさい。」

 

とな。

 

70歳近いじーさんが、お若く見えるっていったってさー。

 

さすがに50代前半には見えないと思うよ。

 

わたしにはK課長の見た目年齢は、60歳は軽く超えてるように思えるけどね。

 

それとも、わたしがアラフィフ越えの老女に見えたとか?

 

70歳近い、嘱託社員のじーさんとお似合いのばーさんに見えたのですか?

 

とまあ、このようにとことん富永さんを、言葉の暴力を使って糾弾し、軽い恐怖を与えてやらなかったことを、わたしは今でも後悔している。

 

こういうぶしつけな鈍感女に、お前は失礼で教養のないおバカさんですよと教えてやるのは、優しさである。

 

このバカ女に、あんたの言ってることは、わたしとK課長にたいするプライバシーの侵害ですよ、めちゃくちゃ失礼なことですよ、と分からせてやればよかった。

 

それがこの派遣女の、将来のためってものである。

 

わたしは、10歳も年下の派遣社員に、20歳年上のじーさんをあてがわれたことが不愉快で、このことを何人かにぐちってみた。

 

わたしと年齢が近い後輩さんは、「20歳も年上の男性すすめられたら、ショックやわー!」と同意してくれました。

 

ですよねー!

 

この出来事で、わたしは富永さんを嫌いとまでは思わなかったが、このこ、何となく失礼な子だな、と思うようになった。

 

すると、今まで流せていた発言が、いちいち気に障るようになったのである。

 

続く

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング