堪忍袋の緒が切れた女の詰め寄りをごまかそうとしたモテない男の姑息な言い訳 セーブタさん-17

お見合いレポ
スポンサーリンク

お見合いで出会って交際が始まりUSJでデート中の無限ループ男セーブタさんとプチ初老ころん。

セーブタさんが、あまりに何度も同じ話を繰り返すため、わたしの話を聞いていないように感じたころんは、とうとう堪忍袋の緒が切れました。

そして半切れ状態で言ってやった。

「わたしの話、聞いてませんよね?」

とな。

するとセーブタさんは、へへへと困ったよう苦笑いしながら

「耳が聞こえにくくて…。」

と答えた。

確かにエヴァンゲリオンXRライドで、クルーに話しかけられたとき、セーブタさんは聞こえてないような様子であった。

しかしさー、わたしが話しかけたとき、ちゃんとセーブタは答えてるんだよ?

ウロウロするのは苦手かな、とわたしが伝えたら、

「えー!ウロウロ嫌いですか?」とか、

海賊レストランでランチにしましょうねと言ったら、それでいいとか、

ジャンプ読んでなかったんですか?って聞いたら読んでないとかね。

聞こえてるやん!
なのに、これらの話を繰り返す。

しかもさー、よしんば本当にセーブタさんの耳が遠くて、わたしの話が全然聞こえてなかったとしよう。

それはそれで、やっぱり話を聞いてなかったってことで、なかなか失礼な行為ではある。
聞いたフリだけしてたってことだよね。

わたしなんて、セーブタの話を聞いているフリすらせずにガン無視してやってるけどな。

で、わたしは

「耳の調子が悪いなら、病院行かはった方がいいんじゃないですか?」

と言うしかないわな。

するとセーブタさんは

「健康診断では何も問題なかったので。」

と答えたので、わたしは

「耳が聞こえにくくなったのはいつ頃ですか?」

と聞いた。

すると健康診断の後に、耳が遠くなったのだと言う。

「だったら健康診断の後に、耳が悪くなったんだから、病院に行った方がいいんじゃないですか?」

と言うのは、誰でも高卒でも中卒でも分かる、もっともな意見である。

なのにセーブタは

「健康診断では問題なかったので。」

を繰り返す。

「だーかーらー、健康診断のときは問題なくても、その後に耳が遠くなったんだったら、その後に何か問題が生じたってことですよね!?」

とイライラしながら答えると

「健康診断では問題なかったんで!」の一点張り!!

ね、わたしがコイツと喋りたくなくなる気持ち、分かるでしょ?
話が噛み合わないの意味が分かるでしょ?

どうもコイツ、頭がのろいなぁと感じつつも、しかし近畿大学という立派な大学も出てるし、郵便局でかんぽの営業というそこそこコミュ力が必要な仕事もこなしてるはずなんやで、とセーブタをかばってみる。

それでこんなに絶望的に頭が悪いってありえる?

ちなみに近畿大学は、関西では中堅の私立大学である。
関西でトップクラスの私立大学、関関同立の4大大学の次ぐぐらいのレベルの大学。
自慢できるほどの大学ではないが、おとしめられるほどの大学でもない。

フツーだ。フツー。いたってフツーの大学。

これは後になってそう感じるんだが、多分、耳が聞こえにくいっていうのは、わたしに責められてその場をごまかすための、姑息な嘘だったと思うね。

頭が悪い分、誠実なだけが取り柄かと思ってたけど、実はこの男、こういう姑息なところがたまにあった。

A型だからな。
A型は姑息な男、多いよ。

そしてこの日だったか、前回のふくろうカフェのときだったか忘れたけど、結婚後のわたしの仕事についての話になった。

わたしは普通に働くつもりだった。
ていうかさー、40歳越えて、子供を持てない可能性が高い女ならさ、専業主婦なんてしても仕方ないやん。
働いて社会と多少関わっておいた方が、精神衛生上もよろしいでしょう。

セーブタさんも妻となる人には働いてほしいみたいだった。

で、わたしが

「以前結婚を考えた男性には、結婚後、どんな方法でもいいから月10万稼いでほしいって言われましたよ。

月10万ぐらいだったら稼げるだろって。

わたしは結婚後、いくら稼ぐ必要があるんですか?」

と聞くと

「いやー、その10万が有難いんですよ。
いやー、有難いんです。」

と言うもんだから

「だから10万稼いできたらいいってことなんですかね?」

と再度尋ねる。

「いや、その10万が有難いんです。」

の一点張りと繰り返し!!

10万でいいのか、もっと必要なのか、もっと少なくてもいいかとワシは聞いとるんじゃ!!

じゃーもう、10万をパートでも何でもいいから稼いてきたらいいって解釈にしときますわ!!

本当に話が噛み合わない!!
こちらの質問に答えが出ない!!

で、わたしが

「多分この年齢だったら、わたしは子供を持てない可能性が高いし、家にいても仕方ないですもんね。」

とボソッと言うと

「高齢出産だと、ダウン症の子供や障害のある子供が生まれるっていいますね。」

とセーブタはドヤ顔で答えた。

 

………。

………。

 

コイツ、また言いやがった…。

嵐山デートでもセーブタが結婚を前提とした交際を申し込んでくるもんだから、

「わたし、子供産めない確立の方が高いけどいいんですか?」

とわたしは念のために確認しておいた。

すると

「高齢出産だと、ダウン症の子供や障害のある子供が生まれるっていいますね。」

と全く同じことを言ったのである。

 

そんなこと、わざわざ知ったかぶりして、男性が女性にドヤ顔で何度も言う必要ある?

障害があるのは、これからわたしが産むかもしれない子供ではなくて、あんたの脳ミソだろうがよー。

アラフィフの男性として、デリカシーなさ過ぎだし、、常識なさ過ぎやろがよー。

またまた豊田真由子が降臨しそうやで。

 

 

もうこの男とデートしていても不愉快しかない。
ここまで女性を不快な気持ちにさせるって、脳の障害どころか、ある意味才能やで!

天才!
女性を不快にさせる天才!

そらアラフィフまで結婚できないはずやで!
ころん程度のブタ女で、妥協せざるを得なくなるはずやで!

よ!
女性にモテない男、ナンバー1!
子孫を残すこともできずに、死んでいけよ、バーカ。

バーカバーカバーカ!

 

 

続く

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング