パワーハラスメントを告発した女性事務員への制裁とは R企業19

就職・転職活動
スポンサーリンク

5年近くも勤めたアール企業を、たったの引継ぎ期間2週間で退職したプチ初老ころん。

これは、まだ退職が決まる数か月前のお話である。

ワンマン常務に大量の書類をシュレッダーにかけるように依頼された。
で、シュレッダーかけていると、メール文が印刷された書類が目に飛び込んできた。
何気なく読んでみると…。

兵庫の営業所で働くある女性事務員から、所長のパワーハラスメントを訴える内容だった。

見てはいけない見てはいけないと思いつつ、こんな面白いこと、見ずにすませるわたしではない。

そのパワハラを訴えるメールを送った女性を、兵庫の女性ということで、ヒョウコさんと名付けよう。
年はわたしより少し上だったので、当時40代だったと思う。
詳しい年齢は覚えてないんだけど、ロスジェネ世代ではなく、バブル世代に近いんじゃないかな。
彼女もまた、シガさんと同じく、共産主義大改革でパートから正社員になったクチだった。

確かバツイチのシンママだったと記憶している。
わたしはヒョウコさんの電話の印象が悪かったので、彼女のことをあまり好きではなかった。

ヒョウコさんがパワハラを訴えた男性は、わたしより年下の三十代半ばの若い所長。
なので若井所長と名付けよう。

若井所長は、ヒョウコさんとは逆に、電話の印象はすごくよかった。
割と好きな声。
仕事もすごくていねい。
が、逆に言うと神経質ってことだよね。

会議か何かで若井所長が京都に来たとき、わたしに用事があったらしく、席まで近づいてきた。
たまたまそのとき、Yahooをパソコン画面に開いていたわたしに、

「今、Yahoo開いてましたね。」

と、わざわざ指摘してきた。

他の営業所の事務員が、Yahoo見てたからって、いちいち注意する?

Yahooぐらい見るだろうよ。
だって、Yahooの天気予報を見て、業務計画立てないといけないもん。

今日は晴れだから、自転車で証明書類取りに行けるわっとかね。
今日行っとかないと、しばらく雨だわとかね。

そのように、いちいち細かいうるさい所長だったようです。

ちなみに言うまでもなく、乞食部長と仲が悪かった。
いつも若井所長は、いつも乞食部長にプンプン怒ってた。
乞食を好きなヤツなんてアール企業にはいないって、わたし書くの一体何度めなんだろうね。

ヒョウコさんがパワハラを密告するメールを送った相手は、若井所長の上司である人好部長と、さらにその上司であるワンマン常務、さらに人事のナオミ課長の三人だったと記憶している。

そのメールを読んで、しょっぱなからわたしがあきれたことには、次のように綴られていたからだ。

……………

長文なので、時間のあるときに読んでください。
以前から、若井所長のパワハラに悩んでいて、他に仕事を探したのですが、見つからないのでアール会社を続けることにします。

……………

ねえ、他に仕事探していたけど見つからないとか、言う必要ある?
これってアール企業にたいしても失礼じゃない?
転職を考えるほと、追い詰められている可哀想なアテクシを訴えたいわけ?

何だかアマタが可哀想な女だなーと、わたしはそのメールをこっそり読み進める。

で、具体的なパワハラの内容が続かれていた。

ヒョウコさんは、基本自転車通勤をしている。
ある日、電車かバスか忘れたけど、公共機関を使って通勤をした。
そしてその交通費を、若井所長に請求したところ、自分が早く帰りたいからと勝手に公共機関を使って、後だしで請求するのはおかしいだろうと注意を受けたそうだ。

で、ヒョウコさんが、「じゃあ、どうすればいいんですか?」と言い返したところ、
「事前に申請してほしい。」とのこと。

ねぇ、これってパワハラ?
若井所長の言ってることが、いたって正論じゃない?

だってさー、通勤方法って事前に申請して、定期代とか決まるやん。
自転車通勤でも、確かアール企業は最低限交通費という形で、多少の金額が支給されていたはず。

さらに、勝手にその申請外の通勤方法に変えたら、交通費の二重取りやんね。
しかも勝手に交通経路変えると、何か事故などが起きたときに、労災の対象外になるんとちゃうの?
わたしも詳しくないから、分からないけどさー。

ヒョウコさん、たいがいイタイ女だな、若井所長とモメるはずやで、と思いつつメールを読み進める。

次のパワハラ事例については、意味がよく分からなかったんだけど、乙女課長に聞いたところ、多分以下のような出来事だと思う。

兵庫営業所は、家賃の支払い処理が必要だった。
それを本来は所長である若井さんがやるべきである。
なのにそれを、ヒョウコさんが家賃支払いをさせられそうになって、断ると、とても不機嫌な顔をされた、とかそういう内容。

よく分からないが、支払処理なんてそんな難しい仕事でもあるまいし、どっちがやってもいーやんなー。
くだらんことでモメとるなー。
くららんことでモメるのはいいとして、これがパワハラって…。

どんだけパワハラの定義、低いんだろう。
パワハラの定義ぐらい調べてから、メールを送ればいいのにね!

やっぱ滋賀県のシガさんといいヒョウコさんといい、パートから社員になった人ってロクなヤツいないね!

とはいえ、わたしは、イケないものを見てしまった、誰にも喋ってはいけないなと、そっとそのメールが印刷された用紙を、シュレッダーにかけた。

で、やっぱりどうしても我慢できなくなって、1時間しかもたなかった。
よって一時間後、紙袋さんにベラベラしゃべった。

それから、乙女課長、アトム部長、上村部長にも喋った。
ナガイ部長にはお酒の席で喋った。

ナガイ部長は、少し兵庫営業所にもいたので、「そういうこと言いそうなコやわ~。」って言ってた。

ほかにもいろんな人にベラベラ言いふらした。

ふん。
わたしに大切な書類の廃棄を頼むワンマン常務が悪い。
わたしは悪くない!

で、これはわたしが退職してからの話なんだけど、アール会社のお花見に呼ばれた。
そのときに、ヒョウコさんが来ていた。

そのお花見の後、ヒョウコさんと同じ職場で働く男性と帰り道が同じだった。
どうせ退職した会社の同僚で、もう会うことがあるかも分からない。

だからわたしは調子に乗って、その男性にメールを盗み見てしまったことを、またしてもベラベラ喋った。
その男性は苦笑いだった。
で、若井所長とヒョウコさんは一時期とても仲が悪かったんだけど、最近は和解したみたいと言っていた。

そもそもヒョウコさんが、パワハラを相談したワンマン常務だが、ヤツこそはパワハラ隊長。
今までパワハラで何人破壊してきたことか。
それはまた次回書くとして、ワンマン常務の中で、ヒョウコさんの身に怒った程度のことが、パワハラと認定されるはずもない。

そして若井所長は、ワンマン常務にも人好部長にも信頼を置かれた所長であった。
つまり二人とも絶対、若井所長の味方をするってわけ。

さて、わたしの退職後、人員募集をかけたが、なかなか次の人が決まらなかったらしい。
やっと決まったと思ったら、2.3日出社しただけで、その後フェイドアウトしたらしいよ。
なぜ次の人が決まらなかったかというと、ころんの呪いかな。

ウソウソ、一番の理由は給料の安さだと思いマンモス。

わたしだって、ハローワークのおっちゃんに勧められなかったら、こんな給料安いところ、絶対応募してなかったし。

で、あまりにわたしの後が決まらなくて、結局、兵庫からヒョウコさんを転勤させたみたい。

若井所長のパワハラを訴えたものの、飛ばされたのはヒョウコさんだったという結果でした。

ま、契約社員がしていた仕事を、正社員が請け負ってくれるってことで、ナガイ部長や紙袋さんにとってはよかったんでねーの。

ヒョウコさんも、温厚でおとなしいナガイ部長が上司だし、若宮所長の下よりも働きやすいんでねーの。

知らんけど。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


人気ブログランキング