結婚相談所で交際成立したけど、成婚料を払いたくない!払わない抜け道はある?セーブタさん-32

お見合いレポ
スポンサーリンク

結婚相談所のお見合いで知り合ったセーブタさんと、結婚を前提にしたお付き合いを初めて二カ月。

わたしにとっての大きな懸念のうち一つは、セーブタさんと交尾することに嫌悪感があることは前回の記事にあげた。

そしてもう一つの懸念は、成婚料をどうするか、であった。

わたしたちの入会している結婚相談所では、交際がスタートして三カ月経ったら、お付き合いを続けるか、終わりにするかのどちらかを必ず選ばなければならない。

そして交際を続けるなら、20万円の成婚料を払って退会するのである。

たったの三カ月の交際なんかで、セーブタさんとの結婚の決意なんてできるわけないやんね!

こんなものは成婚料ではない!
その後結婚するかどうかなんて今の時点で分からないもん!
ただの交際成立料や!
交際成立料に名前を変えろ!

と怒ってみたところで、それで一応納得して入会したんだから成婚料を払わなければ仕方がないわな。

だって入会時は、成婚料なんて本当に交際成立する人ができるかどうか分からないから、そのときに考えればいいや、ってテキトーに流しておいた。
しかしいざ交際成立をむかえて、成婚料を払う期限まであと一か月しかないのです。

ちなみに結婚相談所の入会説明時に、「交際成立を隠していて、成婚料を払わない人はいるんですか?」というような質問をする人もいるかと思う。

わたしもそのクチ。
聞いてやったね。
成婚料なんて、自己申告なんだから黙ってたら分からないですよね?ってさ。

ちなみにころんの働いていた結婚相談所では、成婚料は必要ありませんでした。

すると仲人さんは、成婚料をちょろまかしたらどうなるか?というわたしの質問に、だいたい以下のようにお答えになったかと記憶している。

もし成婚料を払わずに交際を続けていたことが発覚した場合は、確か3倍の成婚料を払うことになるんだったかな。
規約にもそう記載されている。

で、やはり信頼関係で成り立っているお商売である。
相談所側も信頼してお相手を紹介しているのに、信頼を裏切るようなことは、人としてよくない、みたいなことを言われたのかなぁ。

まあ、わたしが仲人でもそう言うわな。

結婚もお互いの信頼関係意で成立する。
それを最初からルールを破ったり、嘘をついて交際するような人たちが、まともな結婚生活を送れるはずはありませんよってな。

ルールに納得して入会しているのに、ルールを破るような提案をする相手は、社会人としても誠実さと信頼性に欠けます。
お相手の方が真面目な方だったら、成婚料をごまかそうなんて提案は、不信感を買うだけで、いいことなんてありませんよってな。

とはいえ、成婚料を払うことに抵抗感のあったわたしは、ちらっとセーブタの考えを聞いてみた。

「このまま三カ月お付き合いが続いたら、成婚料を払わないといけないんですよね。」とな。

するとセーブタは、

「信頼関係で活動してますんで、そこはきちんとお支払してー。」


信頼がー
信頼がー、と仲人と同じセリフを繰り返しておった。

払う気満々やん!!

わたしていどの太った初老の女でも、セーブタを落とすことなんてたやすかったもん。
仲人からしたら、成婚料は払うべきと、この男を洗脳して丸めこむなんて赤子の手をひねるよりも簡単なことだっただろうな。

そら、セーブタはいいよね。
アラフィフにもなって好きな女と、それもわたしのようなとびっきりの美女と結婚できるんだからさー。
20万払っても、100万払ったって惜しくはないだろうさー。

しかしわたしは違うぞ!
セーブタ程度の男と交際成立したぐらいで、20万払うなんてまっぴらゴメンだ!
むしろこっちが20万払ってほしいぐらい。

お前程度の男に20万は出せぬ!!

いや、払うよ。
本当にいい人と出会えて、この相談所に入会してよかったー、と思えたなら、20万だって30万だって払う。

わたしはこの結婚相談所に20万払うのが惜しいわけではない。
セーブタに20万払うのがイヤなのだ。

だったらセーブタさんに、わたしの成婚料を肩代わりして払ってもらうという方法もある。
しかしそんなことをしたら、いざとなったときセーブタから逃亡できないやん。
やっぱりセーブタと結婚無理ってなったときに、その成婚料返さないと悪いやん。

だからやっぱり成婚料は払わない方向で、セーブタには二つの提案することにした。

男女

一つめの提案は、まだ結婚の決心がつかないので成婚料は払いたくない。
だって結婚するかどうか分からないもの。

相談所に頼んで、交際期間をのばしてもらって様子をみないかってこと。
相談所が許可してくれるか分からないが、これが一番まっとうな方法です。

そしてもう一つの提案は明らかなルール違反だが、別れたことにしてこっそり交際を続けようというもの。

実はこれがわたしにとっての理想。
だってセーブタさんと交際を続けながら、新たなお見合いもして別の男性を探すこともできる。
もちろんセーブタには内緒でなー。
セーブタを好きになれないわたしは、まだ他の男性への可能性を夢見ているのです。

セーブタも結婚相談所に在籍する以上、わたし以外の女性の紹介を受ける可能性もある。
セーブタがわたし以上の女を見つけられる可能性は、ハゲ上がったこの男の残り少ない髪の毛より可能性が薄い。

だから全然別な女性に目を向けていただいてもけっこうです。
万が一その女性と結婚が成立したところで、セーブタ程度の男など惜しくも何ともない。

おめでとうございます!
どうぞどうぞ末永くお幸せに!

セーブタにもわたしにも特に新しい相手が見つからず、交際が円満に続いた場合は、結婚すりゃあいい。

もちろんそのときこそ成婚料は払いますよ!
セーブタと本当に結婚することが決まったときに払います。
婚約後か、入籍後かに払いますよ。
払えばいいんでしょ!

相談所側には、一度別れたんですが、やはりお互いこの人がいいってことになって会ってしまいました。
ごめんなさい、今からでも払います、とテキトーなことを言っておけば、「三倍の金額払ってもらいます!」とは言われないんじゃない。

あくまで一度別れてお互い別な人を見たんだけど、やっぱり戻ってしまったという体をとっておけば、相談所だって責められやしないだろう。

むしろ成婚料払いにきてくれて誠実な人って思われるかも?
思われないか。

というわけで、セーブタには、今の段階で結婚の決心がつかないので、成婚料は払わず交際を続けたいと提案してみよう。
結婚の決心がついたら、払いにいけばいいんじゃないですかってね。

それでセーブタのことが丸めこめなかったら、別にそこで終わったってかまわない。
だってその時点で、わたしにとってたった20万ぽっち払う価値もない男なんだから。

20万払うのが惜しい男と結婚したって、上手くいくはずもないもんね。

 

続く

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング